広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「親子でたのしもう!わくわくリトミック」と題して、
広島市健康づくりセンター健康科学館で、
リトミック講座を行ってきました。

健康科学館といえば、このかた・・・、

IMG_8982.jpg

人体模型が見守る部屋での活動です(*^_^*)

リトミック初体験の方も多かったと思うのですが、
最初の演奏から、ノリノリで身体を動かしてくれるお友達も多くて、
私もうれしくなっちゃいました。

IMG_8980.jpg

絵本の読み聞かせでも、
みんな集中して、
本の世界に入り込んでいるのを感じました。

はじめて顔を合わせる子どもたちが多いのに、
こんな風に一つのグループとしてまとまることができるなんて、
とてもすごいことだな?と感心しました。

実は、活動をしながら、私の方が、楽しんでいたのかもしれません(*^_^*)
楽しい活動を、ありがとう!!

また、みんなに会えるとうれしいな!!

古市公民館で活動中の、
子育てサークル『ふぁーすとしゅうず☆トコトン』さんからのご依頼で、
講師としてリトミックを行ってきました。

『トコトン』さんには、今回で3回目。
今回は、日頃のサークル活動の紹介という趣旨でのイベントでしたので、
責任感を感じつつ・・・(*^_^*)、活動開始。

IMG_0138.jpg IMG_0144.jpg


子育てサークルの体験会ということで、
はじめてサークルに参加してみたというママ達も多かったんじゃないかな?

子どもたちもはじめての場所で、興味津々・・・。
いろんな場所を探検しているお友だちもいました。

活動や場所に慣れてくるともっと反応が変わってくると思うので、
継続的に、音楽に触れる経験を作ってあげてくださいね。

体験会終了後、たくさんの方にサークルへの入会手続きをしていただきました。
(ホッとしました・・・)

また、楽しく、音楽で遊びましょうね!!

安東公民館のリトミックサークル「ハッピーキッズ」、
今年度、最後のレッスンでした。

この春から幼稚園に入る子どもたちのクラスは、
とてもしっかりした子どもたちが多くて、
何をしても、反応がよく、レッスン中もみんな集中してくれて、
私もとても楽しくレッスンができました。

みんななら、幼稚園に入っても、きっと大丈夫!!
これからの成長に期待してるよ??。

時々遊びに来てね!!

IMG_7722.jpg


リトミックでは、
身体で音楽を感じるということを重視しています。

歌やリズムを楽しみながら、
身につけていくうちに、
次第に音楽的な感性が
育ってくるというわけです。

「お兄ちゃんが音楽が苦手なので、
 この子(弟)もどうかと思ったんですが、
 やっぱり違いますね??!!」

そういってくれたママがいました。
弟君は、今、とっても音楽が大好きだそうです。
兄弟で同じ環境に暮らしていても、
お兄ちゃんと弟君では、音楽に対する接し方がずいぶん違うそうです。

ただ、遊んでいるように見えても、
リトミックに参加している子どもの中にはしっかり、
音楽を感じ、表現する根っこが育ってきているんですね。

テレビ番組で音楽を聴く以上に、
生の音楽には大きな力があります。

リトミックの中で、生の音楽をたくさん聴いて、
音楽を感じる楽しさを知った子は、
やがてそれを自分で表現したいと思うんじゃないかな?と思います。

IMG_7626.jpg

体験レッスンに参加したときから、ずっと緊張気味のAくん。
2回、3回と来ても、ずっと緊張していて、
まだバリヤーがとけていないような感じでした。

それが今日は、レッスンが始まったときから、
子どもらしい、とてもいい笑顔で、ニコニコ笑っています。

レッスンにも積極的に参加してくれるようになって、
とてもうれしいと思っていたところ・・・、

「バタン!」

転んじゃって、泣いてしまいました。

でも、これからリトミックを楽しんでくれるようになる兆しが見えて、
とてもうれしかったです!!

子どもは「ためて、ためて」、自分の中で消化して、
やっと自分のものにできるというところがあります。
Aくんも、最初の数回でいろんなことを吸収していたんだと思います。

これからが楽しみです。

祇園公民館でのリトミック講座に講師として行ってきました。

そこで、思わぬ再会も・・・。
大学のときの後輩が、公民館便りの名前を見て、
もしや先輩では・・・と参加してくれました。
里帰り中で忙しいのに、参加してくれて、こちらもうれしかったです。

今日は、秋の森をテーマにプログラムを組み立てたのですが、
1?2才児コースと3才以上未就園児コースとに分けて募集したので、
年齢に合わせて、内容を少し変えてみました。

1?2才のお友達とは、お母さんと触れ合いながら、
音楽に合わせて、身体を動かしていきました。
最後は、「山の音楽家」でアンサンブル。

3才以上のお友達とは、より演劇的な内容を濃くした活動を行いました。
森の中でいろんな動物に出会い、最後に魔法使いに会いました。
何だか、みんなのワクワクしているような表情が印象的でした。

小学校のお兄ちゃん、お姉ちゃんが活動をリードしてくれて、
とても楽しかった!!

参加したみんなに余韻が残るような活動になりました。

先日、とある幼稚園の体験入園に、娘と一緒に参加してきました。

入園希望者が殺到する、とても人気のある幼稚園です。

そこで、リトミックに参加してくれている(いた)お友達、お2人にバッタリ。

しかも、お友達みんなが同じお部屋で、幼稚園生活を体験することになりました。

幼稚園の先生が、
ペープサートをつかってお話を読み聞かせてくれました。

来年、年少になる子には、背筋を伸ばして椅子に座って、
話を聞くというのは案外難しいものです。

リトミック経験のある、3人は、ピッと背筋を伸ばし、
とても集中して、お話を聞いていました。

しかも、とても楽しそう!!

リトミックでは、音楽を注意深く聴き、それに瞬時に反応していくということで、
子どもの能力を育んでいきます。
それは、他の人の言葉も注意深く聴くという態度を育てます。

もちろん、ご家庭での努力もあると思います。
リトミックの効果が感じられた、一瞬でした。

安東公民館のリトミックサークル、ハッピーキッズ。
とてもしっかりした女の子たちが(といっても2?3歳の子どもたちですが・・・)
活動をしっかりリードしてくれるおかげで、
とてもまとまりのあるレッスンになります。

長い長い汽車の出来上がり。

IMG_8390.jpg

絵本の読み聞かせもとても反応がいい!です。

IMG_8391.jpg

読んでいる絵本は、


みんなうんち (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)みんなうんち (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)
(1977/07)
五味 太郎

商品詳細を見る


ひろしま美術館で、五味太郎さんの展覧会が開かれていたのにちなんで
選んでみました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。