広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
親子リトミック「ドレミ」の発表会が、
だんだん近づいてきました。

今日は、発表会前の、最後のレッスンの日。

台本をつくって、
(・・・これが結構大変なのです)
みんなに配ったり、
通しで舞台を想定してのリハーサルをしてみたり、
ママたちも衣装の打ち合わせをしたり、
と本番モードになってきました(*^_^*)

今回は、発表会では初めて、
照明さんにも入っていただく予定なので、
今から楽しみです。

どんなステージになるのでしょうか?

千田学区集会所で活動している、
親子リトミック「ドレミ」も、今年で4年目。

毎年この時期、みんなで集まって、同窓会を開いています。

みんなの近況も聞けて、とても楽しい集まりになりました。

この春、卒業した子、
卒業して、1年、2年たった子、
いろいろですが、
みんなの成長には、本当にびっくり!!です。

写真は、
HくんとZくんに、もみくちゃにされている図です(*^_^*)

IMG_0390.jpg

幼稚園に行くようになって、
リトミックを受けたことの効果を実感するようになりましたとの、
ご報告が多数あり、
私もうれしかったです。

幼稚園の先生からも、リズム感がよいですねと褒められたり、
運動会で、親のひいき目で見なくても(^_^;)、上手なダンスを踊っている姿をみたり、
などなど・・・。

また、来年も成長した姿を見せてね!!

親子リトミック「ドレミ」の発表会。

IMG_7603.jpg
早いもので今年で3回目。

区民文化センターのスタジオを借りての、本格的な発表会です。

2年前、初めて発表会を開いたときは、1クラスしかなかったので、
どうやって1時間の内容にしようか、苦労したことを思い出します。

今年は、2クラス、0?3才の子どもたちが出演する、
1時間15分の大変盛りだくさんな内容になりました。
(詰め込みすぎたかも・・・

リトリトメンバーのドラムのトムさんと、
リエちゃんもサポートしてくれて、
とっても楽しい発表会になりました。

2?3才クラスの子どもたちが、恥ずかしながらも、
舞台でダンスを踊ってくれていたのが、楽しかったな??。

0?2才クラスの子どもたちも、初めての発表会なのに、
物怖じせず舞台にあがってくれました。
とってもいい経験になったんじゃないかな!?

親子リトミック「ドレミ」、2010年度の参加者も募集中です。
体験レッスンをご希望の方は、
 →こちらから お申込みくださいね。

ぜひぜひお待ちしてます\(^o^)/

IMG_7624a.jpg

ドラマーのトムさんのブログにも、
この日の模様が紹介されています。

ドラムスピリット


こちらもぜひご覧くださいね。

またも、雨になってしまった金曜日。

今日は、千田学区集会所で開催の親子リトミック「ドレミ」の日でした。

とてもありがたいことに、
雨の日でも、
大勢の方が参加してくれます。
皆さんのご協力にとても感謝しています。

今日の活動では、森の奥に進んでいきました。
けわしい谷もこんな風にして、一気に渡ります。

IMG_8291.jpg

再来週は親子リトミック「ドレミ」の同窓会です。
みんなの成長した姿と再会できるのが楽しみです。

親子リトミック「ドレミ」の0?1歳クラス。

去年に引き続いて、このクラスに参加するお友達が何人かいるのですが、
その子たちを中心にまとまりがでてきました。

トコトコ歩けるようになった子、ハイハイをしている子、
みんなが楽しく活動に参加しています。

IMG_4790.jpg
今日は、みんなでお買い物に出かけました。

親子リトミック「ドレミ」の親睦会の日。

前半はリトミック、残りの後半の時間でお菓子を食べながらの親睦会です。
みんなで輪になって近況報告。その中で、うれしい言葉をいただき、こちらも感激です。

 「毎日、『今日はリトミック?』って、聞いてくるんです。」

 「リトミックに行く前の日は自分で荷物をちゃんと用意しているんです。」

 「リトミックに通っているせいか、とても音楽が好きで、よく『アイアイ』を歌っています。」

 「音感がついてきました。」

音楽がみんなの生活の一部になってきたみたいで、とてもうれしいです。会えるのは、2週間に1度ですが、そこで歌った歌や遊んだ内容がずっとおうちに帰ってからも持続しているんですね。

みんなにもっともっと楽しんでもらえるよう、がんばります!!

IMG_4054.jpg
4月のレッスン風景


親子リトミックドレミの活動日。

10時クラスの子どもたちは本当に成長が著しいです。

IMG_4059.jpg昨年の10時クラスも静かに集中するクラス(そのときの記事はこちら)だったのですが、今回のクラスも、その路線を引き継ぎ、やはり静かに集中するクラスになりました。
メンバーのほとんど入れ替わっているのに、不思議です・・・。
難しめの課題も次々にこなし、テンポよく活動が進んでいきます。

今日は、14組ほどの参加でした。
この年代の子どもたちが集まると、普通なら、わいわいがやがやなってもおかしくないのですが、この静けさは・・・。

みんな、音を注意深く聴こうとしているのです。
でも、笑うところではちゃんと笑う。
ルールに沿って遊ぶことの面白さをみんな理解し始めています。

今日は、リトミックに参加するときのコツを書きましょう。
こうしたコツを実践するだけで、子どもたちの反応が変わってくるはずです。

一例を挙げますが、今日の活動の中に、サルになって、お母さんにわきのところを持ってもらって、ブランコのように「ぶらぶら」してもらうという活動がありました。
あのとき、スーが弾いていた音楽は8分の6拍子の音楽です。

その音楽に合わせて「ぶらぶら」するのは、日本人が苦手な、8分の6拍子を身体で覚えてもらう(当然子どもたちはそのことを意識していない)という意図があってのこと。

リトミックは楽しいだけの活動ではなくて、ちゃんと音楽的な理論に基づいて、構成されているんですね。

だから、お母さんが心の中で、
「1(ワン)、2(ツー)、3(スリー)、1、2、3」と声を出しながら、
「ぶらぶら」させると、音楽と身体の動きがぴったりとあって、
もっともっと面白くなってきます。

「1、2、3」で三拍子。
「1、2、3」「1、2、3」と2回繰り返すことで、
二拍子の感覚も入るというわけなんです。

こうしたさりげない工夫についても、時々解説していきますね。

IMG_3959.jpg何度か書いていますが、親子リトミック「ドレミ」は2年前、前代表の伊藤さんが立ち上げた、参加者のママたちが運営するリトミックの自主サークル。

今年で無事3年目を迎えました。とてもうれしいです!!

昨年から2クラスにも増えましたし、とてもにぎやかで元気のよいサークルになってきました。

立場上、さまざまな分野の自主サークルを主催している方とお話をする機会も多いのですが、みなさん、新しくメンバーを募集するのが難しいとおっしゃいます。公民館のサークルには公民館便りという広報媒体があるのですが、そのような広報媒体を持たない場合、そのサークルの存在をたくさんの人に知ってもらうことができないわけで・・・。

そういう難しい状況を乗り越えて、3年目に入ることができたというのは本当にうれしいことです。

しかも、今年も(昨年同様)、特に大きく広報しなかったのですが、口コミやインターネットでたくさんの方が、体験レッスンを申し込んでくれました。本当にありがとうございます!!

前代表の伊藤さんの後を引き継いだ現代表の杉村さん、そして役員のみなさん、参加者のメンバーのみなさんが本当にしっかり運営しているサークルです。

娘も2ヶ月のときから、親子リトミック「ドレミ」に参加していますが、ドレミの発展と娘の成長が重なって、とても感慨深い春になりました。

IMG_3960.jpgこの3月まで、下のクラスにいた子ども達も、上の年齢のクラスに入っただけで、ずいぶん大人っぽくなったような気がします。

時に「シーン」と音に集中する瞬間も。

さっきまで、笑い声があふれていたのに、みんなが集中して、一瞬で音が止まります。
その瞬間は本当に「シーン」という音が聴こえるような気がします。

「リトミック」のすごさを実感する瞬間です。

この1年でみんながどれだけ成長するのだろう・・・。

とても楽しみです。

ドレミの紹介はこちらから

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。