広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ずいぶんお休みしていたリトミック記録ノート。
今回は、安東公民館リトミックグループ、ハッピーキッズの最終日でした。
昨年の4月から見学を始めて、これでちょうど1年。
今回の見学は、わが子同伴です。
リトミック参加の子どもたちもずいぶん成長しています。
歩くことさえ、おぼつかなかった子達も、1年たつと元気で走り回っています。
本当に、月日が経つのは早いものです。

途中で泣き始めたら、いつでも退出できるよう、用意万端で臨んだリトミックですが、
わが子は途中で一泣きもせず、本当にいい子にしてました。
この子は、本当に外づらがよいです。
2時間分ぐっすり寝てくれたので、おかげで僕は気兼ねなく見学を続けることが出来ました。

久しぶりのスーのリトミック。
普通のリトミックというよりはクリエイティブドラマ(劇遊び)の要素が強いと感じました。
一つの劇空間に子どもたちを招きいれ、その中で子どもに自由に遊んでもらうのです。

例えば、今日の導入。
即興的なメロディーに合わせて、手をたたいているうちに、
「♪手をたたきましょう♪」のいつものメロディーに変化していきます。
こういう自然な変化がうまいのです。
いつ見ても、感心します。

いつもの、1人で何役もこなす絵本の読み聞かせ。
左手で、絵本を開いて、右手で効果音をつけていきます。
口では、絵本のせりふをいいながら、全体を見回しています。

はなをくんくん はなをくんくん
ルース・クラウス、マーク・シーモント 他 (1967/03)
福音館書店

この商品の詳細を見る


今日の絵本は冬眠中の動物の目覚めを描いた「はなをくんくん」
絵本を読み終わった後、みんなで冬眠した動物たちになります。
お母さんを穴に見立てて、そこで、スヤスヤ。眠ります。
すると、どこからかいい香りがしてきます。
みんなは、「くんくん」しながら、冬眠から目を覚まします。

いつの間にか、さっき読んだ絵本の世界に入り込んでしまいました。
絵本に登場する、山ネズミさんになったり、カタツムリになったり、くまになったり、
みんな絵本の世界を楽しんでいます。
途中で、音をストップしたり、グリッサンドで方向転換を入れたり、みんなも楽しい気分になってきました。
リトミックでいつもやっている活動であっても、舞台設定があると、気分がもっともっと盛り上がります。

みんなで「くんくん」して歩いていきます。「くんくん」しながら、たどり着いた先には、かわいいお花が咲いていました。

みんなで「お花紙」を丸めて、花を作ります。

今日の二つのグループではその後の展開が違いました。

3歳児のグループでは、誰かがお花をなめて、「ソフトクリーム」といいました。
みんなでソフトクリームをなめます。
ほかには、キャンディーやお菓子にして食べました。
お菓子をポケットに入れて、みんなで「♪不思議なポケット♪」を歌います。
本当に即興的な流れです。

もう一方のグループは2歳児の小さな子どもたちのグループです。
スーは、お花を緑のお花畑に植えようと提案します。
これも後で聞いたら、即興的に思いついたことだそうです。
キーボードのケースにいつも入れている極薄の緑のネットをお花畑に見立てます。


お花畑



お花を植えたところで、みんなで草原をバスにして、みんなで、あっちへ行ったり、こっちへ来たり・・・。
すると、1人の子がネットにもぐりこみました。

「あっ、モグラがいるよ!」


もぐら



みんなで捕まえたり、みんなでモグラになって、お母さんに捕まえてもらったり。
一年前は、お母さんに抱っこしてもらっていた子どもたちも想像の世界で遊んでいました。

今日のリトミックは、1年間の最後のリトミックです。
4月から幼稚園で今日が最後の子もいます。

スーは、最後の晴れ舞台にちょっとしたステージを用意しました。
音楽に合わせて、楽器を鳴らします。


せいぞろい



演奏が終わると、周りから自然と拍手が起こって、ちゃんと発表会になりました。

最後に修了書授与で、1年間のリトミックが終わりました。


しゅうりょうしょ



出産祝いで、きれいなお花やお菓子をいただきました。
本当にありがとうございました。

お花


スポンサーサイト

想像の世界の中で遊ぶ子供たちの目は、きっと活き活きとしているんでしょうね♪素敵な活動です^^

2007.03.30 20:55 URL | 鈴木 #- [ 編集 ]

コメントいつもありがとうございますv-278
夫婦ともども、参加しているみんなが楽しくなるような活動を目指しています。
想像の世界で遊ぶことは大人でも楽しめることなんですが、なかなか難しいですね・・・v-290

2007.03.30 21:54 URL | 宮田 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/89-d567c887

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。