広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
by m

リトミックの記録を書くのも、久し振りです。

それにしても、1歳の子どもの成長って、速いですね。歩くことができなかった子ども達が一人で歩くことができるようになったり、話をし始めたり、表情が豊かになったり、本当にびっくりです。好奇心もおう盛になってきて、スーの弾くキーボードに近付いて、鍵盤を押してみたり、たいこをたたいてみたりする子も出て来ました。

じゃあ、ちょっと表現豊かな子ども達の仕草をご覧いただきましょう。


リトミック092501最初のあいさつで、手を上げるところを、1本指を上げて、返事してくれた、しょうくん。かわいい仕草にみんなから笑みがこぼれます。


リトミック092502フリーフォールもてっぺんでバンザイをして、充分にためてから、落とします。遊びのツボがだんだん身に付いてきています。


リトミック092503タイコでカミナリの音を出します。すると、みんなで家に隠れて、カミナリが止まるのを待ちます。

リトミック092504今度はタイコをたたいて、自分達でカミナリの音を出します。元気一杯のタンタンくん。


リトミック092507この子達はこういう風にして、ジャンプすることを学んでいくのです。ジャンプができない子どもが、ジャンプするようになるのは、感動的です!


リトミック092505絵本の音楽が流れると、みんなが集まってきます。お話にとても熱心に耳を傾けています。1歳の子どもとは思えないような集中力です。シーンと聞いています。


おふろだ!おふろだ! おふろだ!おふろだ!
作: わたなべ しげお
絵: おおとも やすお
出版社: 福音館書店



今日は、おふろの絵本を読みました。絵本の音楽が始まると、みんなスーの周りに近付いて来ます。
そして、じっと絵本に見入るのです。
おふろの話はとても分かりやすいみたいで、子ども達も集中してお話を聞いています。

おふろの中で、いろんな社会のルールを学んだような気がします。子ども達は、とりわけ「1,2,3,4,5,6,7,8,9,10」と数を数えるところで、一緒に口ずさんでいます。おふろで、数えることと、待つことを学んだのです。そういう懐かしい記憶がよみがえって来ました。おふろって、子どもと親との密接なコミュニケーションが繰り広げられる場ですよね!
おふろをテーマにした絵本って、本当に数が多いです。調べてみて、ちょっと驚きました!

リトミック092506
最後にタッチをして帰るのですが、みんな我先にとやってきます。みんな、とっても元気です!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/70-9ec68b2c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。