広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
by m

セロニアス・モンク ストレート・ノー・チェイサー セロニアス・モンク ストレート・ノー・チェイサー
セロニアス・モンク (2006/07/14)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


先日、TSUTAYAに行くことがあり、レンタルするものもないので、セルCDやセルDVDのコーナーを一通り、眺めていました。最近は、DVDがとても安くなっています。もう価格破壊と言ってもいいくらいで、1500円くらいのものがずらっと棚に並んでいます。2年前にDVDレコーダーを買ったものの、テレビを録画したり、コンサートのビデオをDVD化(そのために買ったのですが)するくらいで、市販のDVDを購入するということはほとんどありませんでした。

でも最近は、1000円を切るDVDもあるのですねぇ・・・。著作権の切れた50年以上前の作品が500円ほどで書店で並んでいるのは知ってましたが、今回紹介するDVDのように、正規盤で80年代の作品が690円ですから、もうちょっと驚きです。

本当に利益が出ているのでしょうか?

まあ、それはさておき、セロニアス・モンクという人はとても個性的なピアノを弾く人です。スイングジャズからモダンジャズへの流れを生み出した、ビバップの生成に立ちあった、ジャズ史上でも重要な人物の一人です。伝説のミントンハウスでバド・パウエルとともに、モダンジャズのピアノ語法の基礎を築いた・・・、という話はいろんなジャズの本にも紹介されています。

しかし、モンクは、彼のつくり出す音楽の響きの異様さと、彼の奇行があいまって、同世代の人からもしばしば誤解されてきたようです。そうした、謎めいたモンクの実像に、今まで残されてきた数々の映像を編集し、ドキュメンタリータッチで迫ろうというのが、この映画です。

難しいことはさておき、ぼくはこのDVDをバックグラウンドミュージックのように、流し聴きしています。モンクのちょっとたどたどしさを感じさせるピアノは手数が少ないのだけど、音と音との間に空間(スペース)を感じることができます。

オケキョキョと聞こえるあいのて。

突如として、演奏をやめて、おどったり、まわり始めるモンク。

うーむ。ジャズを楽しんでいるな・・・、と感じさせる映像。チャーリー・パーカーの伝記映画も撮った、ジャズ好きのクリント・イーストウッドが製作総指揮として携わっています。
スポンサーサイト

ケンジさんはJAZZにも詳しいんですね!
驚きです!!!
確かにモンクのピアノは奇妙だし、人によってはモンクはJAZZの知識もピアノのテクニックも無いんじゃないかという人もいますが、マイルスが、モンクはユニークで素晴らしいJAZZピアニストだと言っていました。ユーモアって大切ですよね!

2006.11.15 19:57 URL | ドクター #cy79M8lQ [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

開店休業状態になっていますね。本当に申し訳ありませんです。

モンクは面白いです。音楽も、その人も。

ジャズは詳しいというより、好きでよく聴いています。大学時代からですから、かれこれ、15年ほどにはなりますね。

2006.11.18 00:54 URL | m #9Cr3Eqi6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/68-798ba20a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。