広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
by m

安東公民館の6回目のリトミック。朝9時頃に大雨、洪水警報が解除され、リトミックも予定通り行なわれました。

つゆ時期のネタは、やはり「カエル」ということで、1歳児あいてに、『ゆかいなかえる』という絵本をスーが読みました。スーによると、この絵本は、1歳児にはちょっと難しいとのこと。

絵本を読みはじめると、近寄ってくる子どもと、遠くにはなれている子どもに分かれています。使われている絵の色が地味な感じがするので、1歳児の興味を引きにくいということなのでしょうか。それでも、じっと近づいて、絵本を見つめている子どももいます。

2?3歳児になると、この絵本におおいに関心を示すそうなので、視覚情報の処理に年齢差や個人差があるということかもしれませんね。

ゆかいなかえる ゆかいなかえる
ジュリエット・キープス、いしい ももこ 他 (1964/07)
福音館書店
この商品の詳細を見る


絵本を読んだ後は、みんなで「♪かえるのうた♪」を歌いました。レゲエ調でみんなノリノリでした。

リトミックを始めて、たった2ヶ月なのに、みんな、ずいぶん成長したような気がします。笑ったり、声をあげたり、走ったり、いろいろな自己表現が増えてきました。そのうち、走り回って、ぶつかって、泣いたりする子も出てきそうです・・・。そういうところも含めて、子どもたちの今後の成長が楽しみです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/56-f6879a78

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。