広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
教室にもファンの多い、辻井伸行さん。

先日も、広島にコンサートにいらっしゃっていました。

このたび辻井伸行さんと、恩師川上昌裕さんの12年間を綴った本が出ました。

12年・・・

小学校入学から高校卒業までの間ですから、
この12年間のピアノレッスンで辻井さんの音楽性が
育まれて行ったといっても、過言ではないでしょう。

「ただ一人の恩師」と辻井さん自らが語るほどの、
川上さんの愛情と熱のこもったレッスン。

週に2度、辻井さんの自宅に、
川上さんが訪問してのレッスン、
コンクール前は6時間にも及ぶことがあったそうです。

楽譜を見ることができない辻井さんのために、
川上さんが作った譜読みテープは200本以上。

右手と左手を別々に録音しながら、
音楽記号や解説などを加えて作成されるテープ作りには、
とても時間がかかったことと思います。

しかも、どの仕事よりも優先して、
譜読みテープの作成に取り組んだため、
期日に遅れたことはなかったそうです。

川上さんと辻井さんの試行錯誤に満ちた、
12年間の記録には、
才能を大きく育てるためのヒントが
数多く散りばめられているように思います。

面白くて、あっという間に、読んでしまいました。

ピアニスト辻井伸行 奇跡の音色 ~恩師・川上昌裕との12年間の物語~ピアニスト辻井伸行 奇跡の音色 ~恩師・川上昌裕との12年間の物語~
(2011/02/28)
神原一光

商品詳細を見る


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/407-1ea725a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。