広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2010年、初めての親子でわくわくリトミックパーティー「リトリト」
安佐南区の保育園での開催です。

0歳児から年長さんまで、
120名を越える子ども達に会えるのを楽しみにしていました。

IMG_7466.jpg


どんな反応をしてくれるんだろう・・・?

オープニングの曲こそ、子ども達も様子見でおとなしい様子でしたが、
公演がすすむにつれて、
だんだん身体を動かして、楽しく音楽の世界で遊びました。

IMG_7473.jpg IMG_7484.jpg

読み聞かせは迷いに迷って、保育園に所蔵している大型絵本から探しました。
時間がないので、あんまり迷ってもいられません。

選んだのがこれ。

きょだいな きょだいな(こどものとも絵本)きょだいな きょだいな(こどものとも絵本)
(1994/08/20)
長谷川 摂子

商品詳細を見る


ともりんが暗記するほど熟知している絵本なので、
心配はいらなかったのですが、
せっかくだからと、直前に絵本に合わせて即興的に音楽を作曲。

素敵な「きょだいな、きょだいな」になりました。

「あったとさ、あったとさ」
何度も繰り返されるメロディーを子どもたちが口ずさんでくれていたのが、
とてもうれしかったなあ??。

そのときそのときの状況を即興的に利用するというのが、
リトリトらしいなあと思いました。

また、どこかで披露することがあるかもしれません。
耳に残る、とても親しみやすいメロディーです。

終わってみれば、あっという間の1時間。
みんなで、音楽の世界で、
跳んだり踊ったり、
遊んだとても楽しい時間でした。

それにしても保育園の子どもたちがとても礼儀正しかったのが、
うれしかったなあ??。

終演後も、みんなが何度も声をかけてくれました。

「また、あえるといいね!!」
とは、年長の男の子の言葉。

別の年長の男の子は、

「ぼく大きくなったら、ピアノになるよ!!!」

と宣言して帰っていきました。

保護者会のみなさんが声をかけていただいたおかげで、
素敵な公演になりました。
保育園の先生方、保護者会ご一同様、そして、Nさん。

本当にありがとうございました。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/309-b9745c8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。