広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近、「ぺネロペ」がお気に入りの娘。

ペネロペかずをかぞえる (ペネロペおはなしえほん)ペネロペかずをかぞえる (ペネロペおはなしえほん)
(2006/02)
アン グットマン

商品詳細を見る

そんな娘を喜ばせようと、夏休みに実家の近くで開催された、
展覧会に行ってきました。
「ペネロペ」の作者、ゲオルク・ハレンスレーベン、アン・グットマン夫妻の原画を集めた、
まさに娘にとって、うってつけの展覧会。
このご夫妻は、「リサとガスパール」の作者でもあります。

IMG_5514.jpgとても大興奮の展覧会での娘だったわけですが、この展覧会の会場で、販売されていた「リサとガスパール」のパズルをおみやげとして、購入してきました。
娘がこれを機会に、パズルにはまってしまいました。

朝、気がつくと、一人で起きて、パズルに黙々と取り組んでいる。
夜、日課のように、パズルを解いてから寝る。

日に日に、パズルの解き方は進歩を遂げて、一人で全部できるようになりました(おどろきです)。

「まずはすみから・・・」
「くち(ふちのこと)をあわせないといけないね」

などとぶつぶつ言っています。

実は、娘が絵本でも、元永定正さんの絵本のように「いろ、かたち」でひきつけるものより、
林明子さんの絵本のように「ストーリーのあるもの」を好むので、
この子は「理系」ではなくて、「文系」なのでは・・・、と勝手に思い込んでしまっていました。
こういう決め付けはよくないな・・・と反省です。

IMG_5513.jpg子どもの欲求は、その行動をよく見ると「現れては」「消え」、「現れては」「消え」・・・しています。

パズルに取り組む前から、急に図形的なものに興味が出てきたようで、こんな風に人形を組み合わせて遊ぶという傾向が現れていたところでした。

そこにパズルがうまくはまったわけです。

今しばらくは、パズル熱はおさまりそうにありません。
パズルへの興味が薄れるときも来るでしょうが、
そのときまでは付き合って遊んであげようと思っています。

IMG_5517.jpg

1歳のころは、何でも散らかす、秩序なんてお構いなしという時期もあったのですが、
あるときからそれも「ふーっ」と消えてしまいました。
子どもの成長って、とても不思議です。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/272-5d9641bf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。