広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近、言葉の多くなった娘。

いろんな単語を話し始めたことにビックリしていたのに、
(アンパンマンのキャラクターもあっという間に30ほど覚えてしまった!)
2語文、3語文・・・と次第に文章が長くなり・・・
次第に、
それを意識させないくらい、かなり!普通の会話になってきました。

驚きです!!

娘は絵本が好きで、多いときには10冊、20冊続けて、読んでとせがんできます。
絵本の読み聞かせがよいことは、どんな育児本を開いても、載っています。
最近、それを実感しています。
娘は、読み聞かせによって、集中力と語彙力を養うことができました。

今日、娘は今まで読んできたのとは異なる種類の絵本を本棚に見つけました。
そして「読んで!」と僕のところに持ってきたのです。

ビッグ・オーとの出会い―続ぼくを探しにビッグ・オーとの出会い―続ぼくを探しに
(1982/07)
シェル・シルヴァスタイン倉橋 由美子

商品詳細を見る


シルヴァスタインの絵本です。
とても哲学的で難しい絵本です。
大人のための絵本という言い方がされるときもあります。

正直、この子には「難しいのでは・・・」と思いました。
だから、読み聞かせしてこなかったのです。

でも、僕が読み始めると、娘は集中して、最後まで絵本に釘付けでした。

自分の欠けた部分を探して「かけら」が旅するという話の筋を理解しているようでした。

満足げな娘はまた、どこかへ行ってしまいました。
そして、また、もう1冊、もってきました。
またもやシルヴァスタインの絵本です。

ぼくを探しにぼくを探しに
(1979/04)
シェル・シルヴァスタイン倉橋 由美子

商品詳細を見る


この本も一気に最後まで聞き通しました。

正直、ビックリしました。

娘は、僕が思っている以上のスピードで成長しているようです。

教訓:「まだ無理だろう」とか、「まだ早い」と決め付けないこと

そのことが分かってきた今日この頃です。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/205-d7a7831e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。