広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
by m

おとみみブログでは、複数の作者が記事を書く予定です。というわけで、この記事は「m」が書いています。今のところ、執筆者は「m」と「スー」の二人です。

今日は、安東公民館の「ハッピーキッズ」で第2回目のリトミックでした。1歳から2歳児という低年齢向けのリトミックです。今年度中に、2歳になる子とその親が対象なので、ほとんどの子がまだ1歳です。
ぼく「m」は前回より、記録係として、「スー」に同行して、ビデオ撮影を行い、取材を続けています。

前回は雨だったので、参加者は少なめ、9組の親子でした。今回は、天気もよく、15組でした。
やっぱり2回目にもなると、子どもも慣れてきますね。初めての子よりも、積極的に活動に参加しています。

基本的にこの年代の子どもは複雑な内容を理解できません。「早い」と「遅い」、「動く」と「止まる」、「大きい」と「小さい」、「いない」と「いる」という、単純な二つの対立の組み合わせで、活動内容を組み立てていきます。

今日行ったプログラム。
たまごのあかちゃん

1 手をたたきましょう
2 おはようのうた
3 お母さんとこんにちは
4 シーソー(ギッタン・バッタン)
5 ガタガタバス
6 フリーフォール
7 おさんぽ
 (かえるの歌 レゲエバージョン)
8 ネコとネズミのかくれんぼ
9 今月のうた「おはながわらった」
10 絵本「たまごのあかちゃん」
11 たまごのあかちゃんになってみよう
12 みんなの音
13 おもちゃのチャチャチャ
14 きのこたいそう

「♪手をたたきましょう」この曲にはみんなで手をたたくところがあるのですが、床をたたいている子どもを発見しました。こういうのは、即興的に活動に取り入れるのがポイントです。

すかさず、「床をたたきましょう」という替え歌にします。スーが床をたたくと、みんなもパタパタと床をたたきます。そこで、パタパタパタ、「ワンワン」、パタパタパタ、「ニャーオ」、パタパタパタ、「パオーン」とイヌになったり、ネコになったり、ゾウになったり…。ちょっと不思議そうに見ている子や、うれしそうに眺めている子、一緒にまねをはじめる子…、いろいろです。

子どもは何の説明もないのに、いろいろな動物になってくれるのですね。その流れで、いつもの「おはようのうた」に移ります。

前回の活動と同じところもあり、少し違うところもあります。1歳児にはあるていどの繰り返しが必要です。繰り返すことによって、何がおもしろいことなのか、ここが笑うポイントなのだ、なんてことを理解していくのです。ただし、少しずつ変化を入れ、飽きさせないことが大切です。前回の「おはようのうた」は全員で、「はーい」とあいさつをしました。今日は、ひとりひとり、「はーい」とお返事しました。みんな元気です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/2-c6e304ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。