広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
以前、娘と本を買いに行った話しを書きました。娘と本屋に行くのは、本当はいやなのです。あちこちの本に手を出しては、片付けずに、歩いていくのですから・・・。その一つ一つを片付けて、歩いて回るのはすごく疲れます。

小心者のぼくは、みなさんにご迷惑をかけてないかとヒヤヒヤものなのです。

そのとき、娘は三冊の本を選びました。アンパンマンやポニョにも手を出したのですが、そのあたりは、誘導して、本棚に返させました。娘の自発的行為とこちらの作為(!)が加わって、選ばれた三冊。
その内の2冊はもう紹介しました。

ちゅっちゅっ (0.1.2えほん) (0.1.2えほん)ちゅっちゅっ (0.1.2えほん) (0.1.2えほん)
(2008/05/07)
MAYA MAXX

商品詳細を見る


ぶぅさんのブー (0.1.2.えほん)ぶぅさんのブー (0.1.2.えほん)
(2005/09)
100%ORANGE

商品詳細を見る


娘は、自分で選んだ本なので、特別の愛着があるようです。その娘が一番好きなのがこれ。

もりのおふろ (幼児絵本シリーズ)もりのおふろ (幼児絵本シリーズ)
(2008/03)
西村 敏雄

商品詳細を見る


本当によくできている絵本です。娘が生まれて、にわか絵本通になったぼく。今年になって、何百冊の絵本を読んだことでしょう(絵本は読むのに時間がかからないので(^^♪)。

その何百冊の中でも、十指の中に、ぜひとも入れたい一冊になりました。娘とぼくはこの絵本にはまってしまいました。

まず、絵がとてもユーモラスです。あの百獣の王ライオンですら、どこか、笑いをさそいます。

もりの奥にあるおふろに、次々と動物が登場し、背中を洗いあいます。物語はただそれだけなのです。

でも、みんな体を洗われると、顔がにこにこ。

「ごしごししゅっしゅ、ごしごししゅっしゅ」

みんなの洗いっこの輪が出来上がります。おふろへドボーン。おゆをザブーン。本当にいい気分です。

リトミックでスーが使っていましたが、どこでもこの絵本を読むとシーンとし、みんなが集中していたそうです。絵本を読んだ後で、実際に、この絵本をまねて、みんなで輪になって、「ごしごししゅっしゅ」。

今朝、この絵本を見たら、余りに気に入りすぎたのか、ページが解体されて、バラバラになっていました・・・^_^;。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/191-5f724a40

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。