広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
081012リトリト01最近、リトリト開催のたびに、雨が降り、「雨男」のうわさも出ていました。久しぶりに天気のよい日曜日。
これで、「雨男」という汚名返上です。

今回は、30組、80名のご参加をいただきました。本当に感謝しています。

0才の子どもの参加が8名。そして、孫とともに参加してくれた、おばあさんの参加も何人かありました。

親子3代にわたるリトミック。家族みんなでリトミック。あちこちで写真を撮ったり、ビデオを撮ったり、まさにリトミックパーティーという感じ。何だか、うれしくなります。

8月24日から始まった、5回(6公演)の最後を飾る、今回のリトリト。ひとまずの区切りになるよう、いつも以上に、入念な準備をして、臨みました。安公民館のOさんに細かな配慮をしていただいたお陰で、音響、映像の準備にいつもより時間をかけることができ、その面でのストレスが少なかった今回のリトリトでした。

081012リトリト02081012リトリト03

081012リトリト04081012リトリト05


リトリトは毎回プログラムが違います。正確に言えば、同じ部分もあれば、違う部分もある。毎回参加しても、飽きが来ないように、プログラムを工夫しているつもりです。
今回も、新しいプログラムを用意したいと考えていました。そこで、取り上げたのが、娘が選んで買った絵本の中の1冊。(「ちゅっちゅっ」参照。)


ぶぅさんのブー (0.1.2.えほん)ぶぅさんのブー (0.1.2.えほん)
(2005/09)
100%ORANGE

商品詳細を見る


「ぶぅさん」の「ブー!」に合わせて、みんなで「ブー!」「ブー!」
ぼく的には、とても好きなネタです。この単純さが、何だか、爽快なのです。

「遊び」のネタは至る所に転がっていると思うのです。

以前、ミュージカルの発表会をしたときに、「バッタ」という詩に、タイコをつけて、ラップ調にして発表したことがありました。
そのとき見に来てた学校の先生から、「よく勉強されてるわね!」としきりに感心されました。

いえ、いえ全然勉強していません・・・^_^;。本当はそう言いたかったのですが、黙ってうなずいて、勉強していることにしました(^^)。

実は・・・。「バッタ」という詩をたまたま(本当にたまたま!)見つけて、リズムと合いそうだったので、その場で、トムさんにタイコをつけてもらったのです。その場の即興です。

「ぶぅさんのぶー」をプログラムに取り入れることを思いついたのも、前日でした。1歳8ヶ月の娘が好きな絵本だから、みんなも気に入ってくれるに違いないと思ったのです。絵本を見て、スーが一つの参加劇に仕立ててくれました。

その後、「エプロンシアター」、絵本「ドオン!」から、エンディングへの流れで、みんなが盛り上がってくれて、こちらもうれしかったです。

081012リトリト06


次は、11月23日、広島経済大学興動館での開催。広島市安佐南区が中心になって開催される子育て応援イベント「ほわっと!ほっと!子育てリラクゼーション」の一講座を担当します。昨年は、イベント全体で2200人も参加したという、とても大きなイベント。

リトリトどうなる?、今から少しわくわくしています。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/187-f8cd78ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。