広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
この間、娘と本屋に行ったときのこと。

というか、本当は娘とは本屋に行きたくないのです・・・。

ストレスがたまるから・・・^_^;

あちこちの本に手をつけては、いろんなところに持っていこうとするので、こっちも追いかけるという光景が毎度のように展開します。

 「まあちゃん、それ売り物でしょ?」

こちらがガバッっと取ろうとすると、絶対、泣いて抵抗するのです。そして、本をしっかり握りしめ、パニック状態に陥ってしまいます。

だから、こっちも学習して、やさしく「ちょうだい!」と話しかけるか、力を抜いたのを見計らって、商品が傷つかないように、そっと奪い去る。そういう駆け引きの技術を身につけるようになりました。

でも、最近、やっと物事の道理というものを理解してきたのかもしれません。

売り物には余り手をつけてはいけない。パパとママが怒るから・・・。

で、初めて、娘といっしょに本を選んでみました。相変わらず、ストレスがたまります。娘はアンパンマンやポニョにうれしそうに反応するのだけど、さりげなく、絵本コーナーに連れて行き、気に入ったのを選ばせてみました。

ちゅっちゅっ (0.1.2えほん) (0.1.2えほん)ちゅっちゅっ (0.1.2えほん) (0.1.2えほん)
(2008/05/07)
MAYA MAXX

商品詳細を見る


1歳8ヶ月の娘が選んだ3冊のうち、一冊がこれ。今、さまざまなメディアで活躍中のMAYA MAXXさんの絵本。赤の単色で描かれた、かわいい絵本。

なにしろ、「ちゅっちゅっ」という分かりやすさ。娘も一目で気に入ったようです。

しかも、自分で選んだんだ!という満足感があるようです。

本を図書館で借りてくるのもいいですが、このように購入し、ずっと置いておくのもよいものです。子どもは何度も同じ本を読みたがります。そして、月齢によって、同じ本に、異なった反応を示すのです。自分の本であるがゆえに、本への愛着というものが出てくるのです。

スーの知り合いの方から、娘の誕生を機に、「うちではいらなくなったから」と福音館書店の「0,1,2のえほん」を20数冊!、「こどものとも」を10数冊!ほどいただきました。これらの本を軸に、こちらが買い与えたものや、いただいた数冊の本、毎月届く「こどもちゃれんじ」の読み語り絵本で、娘のライブラリーは構成されています。

娘はこの本たちをとても気に入っているようです。1歳8ヶ月の娘の本棚?です。また一つ、お気に入りの本が加わりました。

娘の本棚


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/185-ac315a52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。