広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「親子でワクワクリトミックパーティー『リトリト』」も第5回を無事終了することができました。
安佐南区民文化センター「エンタ登場」への出演。今回は、リトリト始まって以来の、コンサート形式です。

安佐南リトリト
これはある意味、リトリトの冒険でありました。

というのも・・・。
リトリトの中心にあるのは、「リトミック」です。リトミックは音楽に合わせて、体を動かす活動です。ということは、体の動かしやすい空間での開催が本来向いています。

そして、自由に動き回れる空間で行うことがリトリトの新しさでもありました。平面の空間で、体をつかって、遊ぶことで、出演者と参加者の間の垣根がだんだん取り払われていきます。

つまり、リトリトの空間では、みんなが物語の世界で遊ぶ主人公になれるという訳です。

今回の会場で、参加者たちが走り回るのは、物理的に無理でした。そこで、「座って参加する」というコンサート形式での開催を模索しましたが、すると、リトリトらしさは薄れてしまいます。

でも、リトリトらしいコンサートにしたいと考えました。参加者が身体感覚として感情移入できるような・・・。

で、結果はどうだったでしょうか?

安佐南リトリト2みんなに参加してもらう装置を随所に入れてみました。ペットボトルや空き缶の音楽はその一つです。
まだまだ工夫の余地ありですが、音楽や芸術が身近なものに感じてもらえたら、うれしいです。
(終了後、子ども達がトムさんのところに集まってきました。子どもに圧倒的人気のトムさん。これも、舞台と客席の距離が近いからこそです。ドラムは本当にかっこよく見えるようです。)

絵本の読み聞かせ「ドオン!」でのハプニングから、とっさのリエちゃんの親子遊び、この辺りから子ども達の集中力がぐっと上がったような気がしました。

「ドオン!」でのスーとトムさんのタイコ合戦。
その後の「歌えバンバン」。
ステージのすぐ近くに来た子ども達の盛り上がりぶりに、こちらもうれしくなりました。

子ども達は本当に元気です。

今回の催しは、区民文化センターの方もおっしゃっていたのですが、ロビーコンサートはじまって以来、一番の人出だったそうです。駐車場に入るための長蛇の列。交通整理が出るほどたくさんの方にお出でいただいたようです。
これは本当にまれなことだと聞きました。

会場には、200人以上の方が来られましたが、途中であきらめて、帰ってしまった方もいたかもしれません。後から、「駐車場になかなか入れなかった」との声を聞きました。
期待の大きさをヒシヒシと感じ、改めて気持ちを引き締めた次第です。

リトリトのリピーターになってくれている子ども達の姿も何人か見えました。みんなに声をかけたかったのですが、その余裕がなくてごめんなさい。
みんなが来てくれて、とてもうれしかったです!!
励みになりました。

これからもリピーターになってくれる子どもが増えるよう、頑張ります。ワクワクドキドキが持続するような、そういう活動を続けていきたいと思っています。

リトリトの冒険はまだまだ続きます。9月15日の西区民文化センターでの開催は、コンサート形式での開催です。また、新しいことにチャレンジしていくつもりでいますので、楽しみに待っていてくださいね!!

イベント終了後、自宅でバーベキューをしました。バーベキュー


スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.08.26 18:05  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/174-de5bb12c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。