広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日、広島ドラムサークルの代表である上野さんと僕、そして  で、ある施設での音楽療法のセッションを行ってまいりました。

「音楽療法」というと何だか大げさですが、この施設に入所している方と、音楽を通して、コミュニケーションするというのが今回の目的です。

今回は、上野さんにプログラムをお願いして、僕はサポートとして、このセッションに参加しました。

一言で言うと、「音楽療法としてのドラムサークル」です。

上野さんも、この施設でドラムの演奏をされたことはあったのですが、ドラムサークルをするというのははじめてです。果たしてうまくいくか、上野さんは少し心配していたようですが、問題なく、みんなでリズムの輪を作ることができました。

「ストップ!」

みんなでリズムをストップする瞬間は、拍手をしたい気持ちになりました。みんながリズムを聴いている証拠です。
みんなで思いのまま、タイコをたたいたり、楽器を鳴らしたりしました。

いろんな楽器を使って、違った音色を楽しめたら、もっと良かったのですが、今回は時間もなく、次回に持ち越しということになりました。

ドラムサークルにしろ、リトミックにしろ、音楽療法の道具としては、とても効果的に機能すると僕は考えています。どちらも、みんながすぐ入っていけるハードルの低さです。
特にリトミックは0才の子どもでも分かるのですから。

ところで、娘は、ドラムのリズムの心地よさで、途中から、睡魔におそわれたようです。
参加者の笑みを誘う、ほほえましい寝顔を見せていました。(*^_^*)

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/167-73e3263c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。