広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
以前お知らせした、第4回目リトリト in 祇園公民館(7月27日開催)ですが、7月2日の申込み開始から、電話が殺到し、翌7月3日には、定員20組を越え、最大許容範囲である25組に到達してしまいました。

ごめんなさいm(__)m。

公民館便りの広報力のすごさに気づいておりませんでした。
リトリトメンバーには、3回分の案内をまとめて、近日中に郵送する予定にしていました。第4回目へのご参加を楽しみにしてくださっていた方々、ごめんなさいm(__)m。

第5、6回目は申し込み不要の、当日さえ早く来てくだされば^_^;、参加できるイベントですので、ふるってご参加ください。

ここ数日の出来事について書きます。

水曜日には、府中町の育児サークルに呼ばれ、リトミック第2回目を開催。
前回の反省を生かして、今回は会場を横に使ってみました。すると、お母さん方との距離が近くなって、最初から、とてもよい感じです。

支援センターのNさんからも、終了後、「何より、お母さんのあの笑顔!」との言葉をいただくほどの、皆さんの好意的な表情にサポートされ、終始楽しいリトミックになりました。

やはり、第2回目にもなると、お母さん、子ども達もリトミックの「ツボ」みたいなのが分かってくるようです。45分ほどの時間があっという間に過ぎる感がありました。

「45分」です。
1歳前後の子どもたちが多かったのですが、みんなが「集中」しているのです。
集中する力を身につけさせるという点で、リトミックの効果は素晴らしいものがあります。

リトミック終了後、これからも「スーさんのリトミックが受けたいんです!」との要望を受けました(本当にありがたいことです)。
今年は、リトミックで、府中町のママたちとのよい出会いがありました(^^♪。

にゅるぺろりん (あかちゃんから絵本)にゅるぺろりん (あかちゃんから絵本)
(2002/12)
谷川 俊太郎 長 新太

商品詳細を見る


さて、つぎは、今週行われた、親子リトミック「ドレミ」の話。

ここの2歳以上のクラスは、以前にも書きましたが、静かに集中する子が多いクラスです。

今日も、静かに集中していました。

このクラスでは、ぼくが「にゅるぺろりん」の読み聞かせをおこないました。スーが鳥の笛。

「にゅるにゅるにゅるにゅるにゅるぽわん」

「クスクス・・・」

やはり、「静かに笑ってくれました!」

ちょっと照れくさかったです・・・^_^;

スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.07.06 10:08  | # [ 編集 ]

いつもありがとうございます。
いつか、府中町でもリトリトを開催しましょうね(^^♪
そのときはよろしくお願いします。

2008.07.06 23:20 URL | 宮田 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/166-d4bebf1e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。