広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
久しぶりのリトミックレポート。

今日は、いかにも、スーらしいリトミックで、何だか爽快。内容も、盛りだくさんで、1時間ほどやっていました。お兄ちゃん、お姉ちゃんたちが秋休みで参加してくれたせいもあって、大変にぎやかな様子でした。

そうそう・・・、我が子も途中、大きな奇声を発しながらも、楽しんでいました・・・。本当に驚くべき0歳児です!

スーらしいと思ったのは、果物カードのかくれんぼから始まって、本当のかくれんぼ、変身かくれんぼと、かくれんぼが進化していったあたりです。

果物カードのかくれんぼは、最初はこういう風に始まります。
「バナナ」は黄色いカードの下に隠れて、「りんご」は赤いカードの下に隠れて、「ぶどう」は青いカードの仕方に隠れます。

「果物さんたち、ど?こだ?」

2才児でも果物とカードの色が対応しているために、すぐ見つけることができます。みんな、すごい!!

次に果物カードは自らとは違う色のカードに隠れます。「バナナ」は赤いカードに、「りんご」は青いカードに・・・。
こうなると、ある一定年齢以下の子どもは間違えてしまうのです。

でも、今日は大丈夫。

秋休みで参加の、お兄さん、お姉さんの導きで、無事正解に到達。みんな見つけることができました。
こういうゲームはあまり混乱させすぎない程度に、やるのが肝心です。

その後、本当のかくれんぼ、
石や木、サルの振りをして鬼をごまかす、変身かくれんぼへと展開していきました。

2?3歳児が中心のクラスですが、活動の随所に、クリエイティブドラマの要素が加わってきました。みんな、イメージの世界で遊ぶのが上手になってきました。

活動の後半では、布をみんなで洗濯して、干すという活動がありましたが、風でも飛ばされない洗濯物がアーティスティックに見えました(今度写真に撮っておきたいと思います)。

つきよのおんがくかい (日本傑作絵本シリーズ)つきよのおんがくかい (日本傑作絵本シリーズ)
(1999/02)
山下 洋輔秦 好史郎

商品詳細を見る

これでもかとネタを詰め込んだ最後の仕上げに絵本の読み聞かせ。キーボードの音色を駆使して、ベース、ドラムス、ピアノ、サックスを演じ分けます。
最後の、こうちゃんの「カンカンカカーン」で月夜の音楽会が無事終わります。

月夜の音楽会では、スーはトランス風のリズムパターンを使用していました。その結果、いつもの「きのこ体操」がトランス風になってしまいました。
トランス風のリズムに合わせて踊る2?3歳児。とても、新鮮でした。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/113-e1d7abb2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。