広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前田優継先生の第2回ラテンパーカッションの講座が無事終了しました。

今回は、僕は我が子を連れて、コーディネーターとして参加。ワークショップの間、我が子を抱っこしつつ、ビデオカメラを回しておりました。(2時間抱っこは、さすがに腰に疲れが来ました。)

参加者は、小学校の先生を含め、音楽を使って何かを教えている方がほとんど。それを汲み取って、教える、指導するということに重点を置いた内容だったと思います。

前回の実践中心の内容ではなく、質疑応答をまじえた、言葉によるコミュニケーション中心の内容。

マラカスの振り方についての指導も、マラカスをおたまに例え、米をそこから飛ばしてしまわないようにと、イメージを交えて、前回以上に丁寧に行われていきました。

授業で打楽器の扱いに苦労されている、小学校の先生方にはとても身近に感じられる内容だったようです。学校の教材を持ち寄って、それの生かし方についてのアドバイスが欲しいなど、今後の活動につながる提案も出ました。

ただ、一般の参加者には対象が絞られすぎ、学校の先生向けという意味で、やや専門的過ぎたかもしれません。それは次回への反省点としたいと思います。

それはそうと、前田先生から宿題が出ました。
次回までに、しっかり練習しておきましょうね・・・(^_^;)。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://pianoart.blog63.fc2.com/tb.php/112-dca87b8a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。