広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日の牛田教室でのリトミックでは、
みんなで手をつないで輪をつくりました。

2?3歳になれば、
次第に友だちと手をつなげるようになるものですが、
1歳の子どもたちもいるのに、よく頑張りました。

親子の関係だけでなく、友だちとの関係をつくり始める時期です。
リトミックを通して、みんなに、協調性が育ってきていますね。

絵本は、定番の『てぶくろ』

てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)
(1965/11)


商品詳細を見る


年末年始で少しレッスンの間隔が空いて、
少し調子をくずしたお友だちもいましたが、
今日は、3週続けてのレッスンだったこともあり、
みんな、落ち着いて活動に参加できました。

この調子でペースをつくっていきましょうね!!

スポンサーサイト
2010年、初めての親子でわくわくリトミックパーティー「リトリト」
安佐南区の保育園での開催です。

0歳児から年長さんまで、
120名を越える子ども達に会えるのを楽しみにしていました。

IMG_7466.jpg


どんな反応をしてくれるんだろう・・・?

オープニングの曲こそ、子ども達も様子見でおとなしい様子でしたが、
公演がすすむにつれて、
だんだん身体を動かして、楽しく音楽の世界で遊びました。

IMG_7473.jpg IMG_7484.jpg

読み聞かせは迷いに迷って、保育園に所蔵している大型絵本から探しました。
時間がないので、あんまり迷ってもいられません。

選んだのがこれ。

きょだいな きょだいな(こどものとも絵本)きょだいな きょだいな(こどものとも絵本)
(1994/08/20)
長谷川 摂子

商品詳細を見る


ともりんが暗記するほど熟知している絵本なので、
心配はいらなかったのですが、
せっかくだからと、直前に絵本に合わせて即興的に音楽を作曲。

素敵な「きょだいな、きょだいな」になりました。

「あったとさ、あったとさ」
何度も繰り返されるメロディーを子どもたちが口ずさんでくれていたのが、
とてもうれしかったなあ??。

そのときそのときの状況を即興的に利用するというのが、
リトリトらしいなあと思いました。

また、どこかで披露することがあるかもしれません。
耳に残る、とても親しみやすいメロディーです。

終わってみれば、あっという間の1時間。
みんなで、音楽の世界で、
跳んだり踊ったり、
遊んだとても楽しい時間でした。

それにしても保育園の子どもたちがとても礼儀正しかったのが、
うれしかったなあ??。

終演後も、みんなが何度も声をかけてくれました。

「また、あえるといいね!!」
とは、年長の男の子の言葉。

別の年長の男の子は、

「ぼく大きくなったら、ピアノになるよ!!!」

と宣言して帰っていきました。

保護者会のみなさんが声をかけていただいたおかげで、
素敵な公演になりました。
保育園の先生方、保護者会ご一同様、そして、Nさん。

本当にありがとうございました。

もうすぐ3歳になる娘は歌うのが大好きなのですが、
最近、とてもしっかりした音程になってきました。

ピアノの音を聴く機会が多いので、音感がついてきたようです。

知っているメロディーを鍵盤で再生するのも得意です。
メロディーが弾けるようになったのは、それほど前ではないので、
子どもの成長スピードには驚かされます。

* * *

白島教室でのYくん、Yちゃん、娘の3人という、
ほぼ同じ年齢の子どもたちでのグループレッスンも、
開始してから、1年以上、経ちました。

3人とも、音楽を感じる土台がしっかり育ってきています。、
少しずつですが、
鍵盤を弾く方に少しずつ意識を向け始めているところです。

先日は、音楽に合わせて、「ドレミ」と弾いてみました。

音楽の呼吸に合わせて弾くことが、ちゃんと出来ていましたね。

この水曜日に、安佐南区にある保育園で
親子でわくわくリトミックパーティー「リトリト」を開催します。

リトリトに参加してくださった保護者の方が
推薦してくれて、
保護者会のご依頼でうかがうことになったのです。

「場所が分かりにくいので、
一度下見に来ていたほうがよいですよ」と、
園の方がおっしゃってくれたので、
今日、保育園に下見に自動車で行ってきました。

園の方がおっしゃる通りです。

近くと思われるところまで来ているにもかかわらず、
どうしても車が入れるところがありません。

あちらこちらを行ったり来たり、
狭い路地に入っては見たものの、
途中から幅狭になっていて、バックで引き返したり・・・。

かれこれ、1時間くらいさまよって、
どうしても園の近くまで行けないので、
お店に寄って、保育園への道を聞きました。

「車での行き方を説明するのは、難しいところですよ。
 ここに車を停めて、歩いて行って見たら・・・」
とお店の人のご好意で、
車を置いて、歩いてやっとたどり着くことができました。

保育園の方に聞くと、園へたどりつく道は一つしかないそう・・・。

通りで迷うはずです。

水曜日は迷わないようにしたいです。
120名を越える子どもたちと遊んできます!!

リトミック教室のみんなで、コンサートに出演しました。

はじめての発表会に参加するお友達もいっぱいで、
いったいどうなるかドキドキの発表会でしたが、
みんな、舞台の上で立派にリトミックしていました♪

終わってみると、あっという間でしたが、
余韻が残る、とてもいいステージになりました!

DSC00010.jpg
小さなサンタさんになって、森の動物たちにプレゼントを届けます。
小さな子どもたちのリトミックデモンストレーションに、
観客のみなさんからも、微笑ましい歓声が上がりました。

今回の発表会には、ゲストで、広島ジュニアマリンバアンサンブル
のみなさんをお招きしました。

マリンバの迫力ある音楽が始まると、
リトミックのお友達もノリノリで反応していました。

生の音楽はやはり力がありますね。
みんなにとっても良い経験になったかと思います。

DSC000111.jpg


全体で4時間を越える長いコンサートになりました。
みんなが自分の演奏する曲に真剣に取り組んでいたので、
観ている人も楽しめる充実した発表会になりましたね。

IMG_6854.jpg

この発表会で、
2才10ヶ月の娘も、舞台デビューしました。
始まる前には、「もう弾かないから」と言っていたので、
どうなるか心配だったのですが、
ともかくピアノに座って弾き始めました。

舞台の様子を伺い、鍵盤を見ないで、
弾いていた場面もあったので、
本当にどうなるか内心ヒヤヒヤでした。
(「余裕があるように見えた」とも何人かの方に言われたのですが・・・)

リトミックに来ているお友達も、
みんな、音楽的感性が育ってきています。
レッスンでは、
少しずつ鍵盤や楽器に触れる素地をつくってきました。

みんなが楽器を演奏するようになる日も近いかな。

その日が本当に楽しみです!!

写真は先週に撮影したもの。
今日も少し、カルタとりを交えて、レッスンを組み立ててみました。

IMG_7428.jpg

実は・・・、というほど大げさなことではないのですが(*^_^*)、
カルタとりのイントロで、おひざをたたくこと、
音楽や言葉かけにしっかり耳を澄ますこと、
取ったカードをリズムで表現してみることなど、
音楽的要素をさりげなく入れています。

こういった遊びを通じて、
日常的な動作も、リズミカルにこなせるようになっていくのですね。

そういう視点で子どもたちの動きを見ると、おもしろいです。

例えば、普段歩いているときでも、歩き方がとてもリズミカルなMちゃん。
しっかり音楽を吸収してるんだなってことが分かります。
もう少し経つと、もっと分かりやすい形での音楽的表現になってくると思います。

みんなのこれからの成長が本当に楽しみです。

本当、お久しぶりの更新です!!
この間、いろんなイベントがあったのですが、順を追って、
更新していきますね(遅くなって、すみません)。

牛田教室でのリトミックも、ほぼ1ヶ月ぶりになりました。
レッスンの間隔が空くと、どうしても調子をつかむのに時間がかかるものですが、
みんな、リトミックのレッスンを楽しみにしてくれたみたいで、
あっという間にいつも通りの楽しいレッスンになりました。

しかも、みんな、とても成長しています!

レッスンの始まりにみんなに楽器を鳴らしてもらったのですが、
Kちゃんがとてもユーモラスに鳥の笛を吹いてくれました。
音楽的なセンスを感じます。

その背後で、さりげなく、Kくんが、たいこでいいビートを刻んでいます。

耳をそばだてないとなかなか気がつかないところですが、
みんなが音楽的にとても成長しているのを感じました。

新春ということで、カルタとりで盛り上がった、新年第1回目のレッスンでした。

うさぎちゃんとゆきだるまうさぎちゃんとゆきだるま
(2005/10)
あいはら ひろゆき

商品詳細を見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。