広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
11時クラスは少しお休みが出て、アットホームなレッスンになりましたが、
こういうときは、一人ひとりの反応がよく見えます。

もうすぐ、2歳のKくん。
絵本「もりのおふろ」の「ごしごししゅっしゅ」に合わせて、
「ごしごししゅっしゅ」とこたえてくれました。

IMG_5777.jpg

言葉が少しずつ出始めたKくん、
こちらの言葉もよく理解してくれるようになりました。
とても落ち着いてきましたね。


もりのおふろ (幼児絵本シリーズ)もりのおふろ (幼児絵本シリーズ)
(2008/03/10)
西村 敏雄

商品詳細を見る


10時クラスもとても楽しいレッスンになりました。

ジャンプがもう少しでできそう、Rちゃん。
何回も練習していました。

レッスンが楽しくて、「帰るよって、言わない」と泣いていたYちゃん。
レッスンがこれからも楽しいものになるように、こちらも頑張りますよ(*^_^*)。

スポンサーサイト
安東公民館のリトミックサークル、ハッピーキッズ。
とてもしっかりした女の子たちが(といっても2?3歳の子どもたちですが・・・)
活動をしっかりリードしてくれるおかげで、
とてもまとまりのあるレッスンになります。

長い長い汽車の出来上がり。

IMG_8390.jpg

絵本の読み聞かせもとても反応がいい!です。

IMG_8391.jpg

読んでいる絵本は、


みんなうんち (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)みんなうんち (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)
(1977/07)
五味 太郎

商品詳細を見る


ひろしま美術館で、五味太郎さんの展覧会が開かれていたのにちなんで
選んでみました。

2008年3月よりはじめた、親子でわくわくリトミックパーティー「リトリト」

IMG_5725.jpg継続は力なりといいますか、今回で、記念すべき20回!を数えました。
20回のほとんどでプログラム内容をかえ、毎回毎回来ても楽しめるように、
工夫をこらしてきたつもりですが、
それにしても20回ともなると、感慨を覚えます。

今日のテーマは、「動物園へ行こうよ!」

動物園へは、みんなで作った汽車で向かいます。

とても協力的なパパ、ママ、みんなのおかげで、
トンネルがあっという間に出来上がりました。

IMG_5716.jpg

汽車がそのトンネルをくぐり抜けるのを見て、何だかうれしくなりました。
フラットな会場なので、舞台と客席という垣根があっという間になくなっていきます。

動物園では、たくさんの動物に出会いました。
写真は、キリンのように、背を伸ばしているの図です。

IMG_5719.jpg

今日の最大の盛り上がりは、何と言っても、参加者全員でのタイコのアンサンブル。
初めて、タイコに触れたお友達も多かったと思いますが、
とてもよいアンサンブルになっていました。
パパたちの活躍もうれしかったです!

IMG_5722.jpg

楽器のアンサンブルはこれからもリトリトで取り入れていきますね。

佐東公民館の館長様、担当のKさんにもお世話になりました。
また呼んでくださいね??!!

牛田教室のリトミック、10時クラスでの一風景。

みんなで協力して、汽車ぽっぽ。

ママたち、感激の一瞬でした。思わず写真を一枚。

IMG_5680.jpg

2歳前後の子どもたちが多いクラスですが、協調性がしっかり育ってますね。
みんな仲良しです。

11時クラスでも、
3ヶ月のときから通ってくれているY君が、立ち上がって、
活動に参加してくれるようになりました。
10ヶ月のI君もだんだん笑顔が増えてきました。
7月から参加のIちゃんも、少しずつリトミックにも慣れてきて、
活動に積極的に参加してくれるようになってきました。

みんなの成長がうれしいです!!

今日は、中区千田町にある健康科学館が主催したリトミック講座に講師としていってきました。

IMG_5665.jpg

健康科学館の建物の前は何度も通ったことがあったのですが、中に入るのは初めて。

人間のからだの不思議について、展示があるそうです。
今日のリトミック講座に参加された方は、そちらも無料で入れるという、お得なイベントでした。

リトミック初体験というお友達も多かったのですが、
音楽に合わせて、身体を動かしているうちに次第に緊張は解けていきました。

動物に出会って、動物と遊んだり、うたを歌ったり、楽しく活動はすすんでいきます。

IMG_5647.jpg  IMG_5657.jpg

最後に、「おもちゃのチャチャチャ」で楽器のアンサンブル。
音楽にノリノリで、身体を動かしてくれるお友達が多くて、こちらもうれしくなりました。

健康科学館には、子育ての情報交換のできるスペース、
つどいの広場「げんキッズ」が開設されています。
遊具やおもちゃもたくさんあって、子どもたちが遊んでいました。
無料で利用できるのが、うれしいですね。

今回のリトミック講座は、
2グループに分けての開催で、各18組、計36組の募集だったのですが、
たくさんの方からの応募があり、お断りする方も出てしまいました。
ごめんなさい。

これからも、いろんなところで、リトミックイベントを開催する予定にしていますので、
そのときは、ぜひぜひご参加くださいね。
(ブログで告知していきますね。)

IMG_5658.jpg

リトミックの会場にも、こんな人体模型がありました。
いかにも健康科学館らしいところです。

お越しくださったみなさん、健康科学館のTさん、どうもありがとうございました。

最近、「ぺネロペ」がお気に入りの娘。

ペネロペかずをかぞえる (ペネロペおはなしえほん)ペネロペかずをかぞえる (ペネロペおはなしえほん)
(2006/02)
アン グットマン

商品詳細を見る

そんな娘を喜ばせようと、夏休みに実家の近くで開催された、
展覧会に行ってきました。
「ペネロペ」の作者、ゲオルク・ハレンスレーベン、アン・グットマン夫妻の原画を集めた、
まさに娘にとって、うってつけの展覧会。
このご夫妻は、「リサとガスパール」の作者でもあります。

IMG_5514.jpgとても大興奮の展覧会での娘だったわけですが、この展覧会の会場で、販売されていた「リサとガスパール」のパズルをおみやげとして、購入してきました。
娘がこれを機会に、パズルにはまってしまいました。

朝、気がつくと、一人で起きて、パズルに黙々と取り組んでいる。
夜、日課のように、パズルを解いてから寝る。

日に日に、パズルの解き方は進歩を遂げて、一人で全部できるようになりました(おどろきです)。

「まずはすみから・・・」
「くち(ふちのこと)をあわせないといけないね」

などとぶつぶつ言っています。

実は、娘が絵本でも、元永定正さんの絵本のように「いろ、かたち」でひきつけるものより、
林明子さんの絵本のように「ストーリーのあるもの」を好むので、
この子は「理系」ではなくて、「文系」なのでは・・・、と勝手に思い込んでしまっていました。
こういう決め付けはよくないな・・・と反省です。

IMG_5513.jpg子どもの欲求は、その行動をよく見ると「現れては」「消え」、「現れては」「消え」・・・しています。

パズルに取り組む前から、急に図形的なものに興味が出てきたようで、こんな風に人形を組み合わせて遊ぶという傾向が現れていたところでした。

そこにパズルがうまくはまったわけです。

今しばらくは、パズル熱はおさまりそうにありません。
パズルへの興味が薄れるときも来るでしょうが、
そのときまでは付き合って遊んであげようと思っています。

IMG_5517.jpg

1歳のころは、何でも散らかす、秩序なんてお構いなしという時期もあったのですが、
あるときからそれも「ふーっ」と消えてしまいました。
子どもの成長って、とても不思議です。

牛田教室でのリトミックの日。

IMG_5575.jpg

写真は10時クラスのレッスンの模様ですが、
みんなが、
「音楽すき!」
という目をして、レッスンに参加してくれているのを見るだけでも、
うれしくなります。

最初は、ママから、レッスンについていけるか心配されていたMちゃんですが、
とても集中してレッスンに参加してくれるようになりました。

2歳になったばかりのHちゃんも、ニコニコ笑顔の参加で、
全身で音楽に反応できるようになって来ましたね。

子どもたちの成長する速さには、こちらもびっくりです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。