広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今年は、いろんな人との出会いがありました。

元来、人見知りの僕です。

子どものときから、初対面の人に自分から話しかけることは苦手でした。でも、娘の誕生を期に、心境が変わり始めてきたような気がします。

娘を連れて歩いていると、いろんな人から声をかけてもらいます。

その言葉に笑顔で応えたり、少しばかりの世間話をしたり・・・。
今日もご近所さんに回覧板を持っていきました(うちの町内会では割と頻繁に回覧板がまわってくるのです)。

子どもは多くの周りの人の支えによって、成長するんだなということを実感しています。

今年もすでに半分が過ぎようとしています。
娘を媒介にして、いろんな人との出会いがありました。

その中でも、特に印象に残っている人がいます。

幼児玩具の製作者として、知る人ぞ知る、和久洋三さんです。

現在は、アトリエも開いていて、子ども向けの教室の指導、全国のアトリエや幼稚園、保育園に指導、講演など、本当に多忙な毎日を送っているそうです。

和久さんの講演会の情報を、偶然から知り、実際に会場に足を運びました。そして、話を聞いて感激し、こちらから話しかけたのです。

僕にしては、とても珍しいことです。
会場で売っていた本にも、直筆でサインを書いていただきました。

その本がこれです。

子どもの目が輝くとき子どもの目が輝くとき
(2003/12/10)
和久 洋三

商品詳細を見る


和久さんの話はとても興味深いものでした。

3歳なら3歳の、5歳なら5歳の、発達課題があるのだから、その年齢にあったことをたくさんさせるのがいい。今の幼児教室は、3歳の子どもに5歳の課題をやらせてIQがあがったとかいっているが、本当の意味での創造性や考える力を育てたいなら、そんなに急ぐべきではなく、十分遊ばせてあげたらいい、と。

こちらが教えるのではなく、子ども達の自発性を待つのが大事という話でした。

和久さんは、とても話上手です。

はなし家としても十分やっていけそうな間、テンポ、1時間の話があっという間に感じられました。

自発性の尊重という言葉は誰もが口にすることができますが、それが説得力を持つのは、和久さんのアトリエで子ども達が実際に書いた絵のすばらしさです。

どの絵も、とても表現が豊かで、大人の既成概念に染まっていないのが、印象的でした。

先日、某所で見た幼稚園、保育園の児童が書いた絵が、すでに漫画のような絵になっていたのが何だか心に引っかかっていました。子どもはいつから漫画のような絵を描くようになるのだろう。そんな疑問を持ちながら、絵を見ていました。

それに対して、和久さんの生徒の絵は、どこにもないような、子どもの目に映ったそのままを描いているように見えました。

和久さんは本当に何も教えないそうです。教えないのに、結構高いお月謝を取るそうです・・・、そう和久さん本人がおっしゃっていました。

教えないのに、大きな影響を与えるという指導者や師弟関係のあり方に、とても興味が出てきています。
優れた指導者の特質は何か。

いろいろ考えています。

これを読んで興味をもたれた方は、一度和久さんの講演に足を運ばれてみてはどうでしょう?

スポンサーサイト
今日は、タイコのニュース。

06052105.jpg


「リトリト」、「おとみみ」でお世話になっているドラマーの上野友敬さんが楽しいイベントを企画しています。
名づけて

ドラムパラダイス

夏の夕暮れ、みんなで楽しくパーカッションをたたこうという楽しい企画です。
そのための舞台がまたスゴイ。
東区民文化センターの中庭で、開放的な場所です。

僕も他の団体が、そのオープンスーペースを使って、コンサートをしているのを聴いたことがあるんですが、中庭の吹き抜け空間の上に音がのぼっていくのがなかなか心地よい場所なんです。

東区民文化センターとの共催事業なので、一般のお客さんも見に来られるイベントです。
お客さんの前で、タイコをたたいてみたいという方は、上野さんまでご連絡ください。

連絡先は、ドラムパラダイスに掲載されています。

強力なパーカッション奏者がバックアップしてくれるのも頼もしいです。

今回は、アフリカのコンゴ出身、ヘクトール・マディムさんが登場します。

楽しみです!!

「ヘクトールさんって誰?」という方は、、アフリカニホンバンドのホームページをご覧になってくださいね!!

僕のジャンベ(ジェンベ)の師匠です。

今日、自宅の庭で「はんみょう」を見ました。
分からない方は、こちらをどうぞ。

別名「みちおしえ」ともいう、この虫。広島では当然ながら、初めて見ました。

本当に自然に囲まれたよいところです。

ですが、蚊が多いのには閉口しています。草むしりしたいのに、なかなか、はかどらないのです。

アジサイの葉っぱが青々としています。
庭のいたるところに、「ミント」が生えています。

我が家の周辺には他にも面白いことがいっぱいです。いつか、そのネタも書くことにしましょう。
親子でわくわくリトミックパーティー「リトリト」の第3回目が無事終了しました。
ご参加くださった皆様、本当にありがとうございます。

ゴールデンウイークが明けた次の日曜日ということで、いろいろ予定が重なり、参加できなかった方も多くいたようで、今回の参加者は前回よりやや少なめ。
それでも、16組、37名のご参加をいただきました。
本当に感謝しても、感謝しきれません。
ありがとうございます。

今日は、「おはなしリトミック」ということで、森に探検しに出かけ、そこで、いろんなものに出会うというストーリー仕立てのリトミックでした。

でも、魔女は怖かったですね・・・。
森の中には、魔女が住んでいるのです。この魔女は、魔法でいろんなものを他のものに変えてしまうことができます。人間を花に変えたり、蝶々に変えたり、石に変えたり・・・。

2回公演のうち、1回目の時は、魔女の黒い衣装が怖くて、泣き出してしまった子がいました。演出が強くなりすぎたようです。ごめんなさい。

2回目の公演のときは、魔女役のともみさんが機転を利かせてくれて、ロシアからやってきたコミカルな魔女として登場してくれました。
あれは、完全なアドリブだったのです。
みなさん、気づいていましたか?

1回目の黒い衣装は、暑いし、こどもには怖いということで、やめることにしましょうという僕の提案に、ともみさんは、とっさに、ピアノの鍵盤の赤いカバー(あれって、名前があるのですかね?)をずきんにして、あかずきん風の魔女に変身。
とてもコミカルな魔女に変身してくれたのでした。
片言の日本語、マトリョーシカ風の魔女。
おかげで泣き出す子もいなくて、参加者の方からは笑みがこぼれます。
こういう対応力におもわず、感激しました!
スーも、トムさんも、普通にアドリブに対応してくれるので、すごい!です。

リトミックは、やはり即興的な活動であることが、魅力です。

リトリトのリトミックの特徴は、生ドラムが入るというところだと思います。ドラムのそばに近寄って、リズムにノリノリになる、お子さんもめずらしくありません。
Yくんの動きにみんな釘付けでした。

051104リトリト


とっさの思いつき、マトリョーシカ風の魔女。ともみさんの名演技が光りましたね。

051105リトリト


今回はリトミックをたくさん入れました。最年長は、小学校2年生の女の子が参加してくれたのですが、すごいノリノリで楽しんでくれました。

リトミックは、未就園児の活動って思われていますが、実は、もっと大きな年齢になった方が、より楽しめるんです。
想像力が豊かになり、音楽への理解が深まってくればくるほど、リトミックの活動も多様なものになっていくのです。

リトミック界の大御所、石丸由理さんのところは、確か、小学校6年生までリトミックのクラスがあったと思います。

リトリトには、年齢制限がありません。
実は、それは、広島でも大きな子も一緒にリトミックに参加してほしいと思ったからなのでした。

051103リトリト


今回の活動で僕がとてもうれしかったのは、最後の「バラのはなわ」です。
最初は家族だけの小さな輪が、最後に参加者全員の輪になり、グルグル回ったのです。
そしてみんなで、

「ハックション」
「ハックション」

でジャンプして、

「みんな転ぶ??!」

で、みんな転んでくれました。
若いパパたちがとても楽しんでくれたのが、うれしかったです。
感激しました。

初めて出会った小さな子達が手を結ぶだけでも、ウルウルきちゃいました。

051106リトリト

051101リトリト


皆さん、また、楽しい活動をしましょうね!!

これ以外にも、いろんなところで、皆さんに助けられ、リトリト第3回目を無事終えました。
自主活動として立ち上げるという、第1期リトリトが終了したという感があります。

次は、7月27日(日)です。
次からは、リトリトも第2期に入ります。
今度からは、公民館や、区民センターとの共催事業としてリトリトを開催、リトリトを広く知ってもらうというステージに入ります。

今まで通ってきてくれているリトリトのメンバーにも、正式に決まり次第、次の日程をお知らせします。
おそらく、7月、8月とも、安佐南区で行う予定にしています。

それ以降、9?12月はまだ決まっていませんので、もし、お近くで開催したいという方があれば、ぜひとも、ご相談くださいね。

なお、リトリトに関わってみたい方も募集しています。

お問い合わせはこちらから

fun0806.jpg


以前、取材を受けた広島の子育て情報誌「FunFANFun」に親子リトミック「ドレミ」が紹介されました。

スーが買ってきたのを見させてもらいましたが、記者の方がなかなか上手にまとめてくださっています。

見開き2ページ。

写真も多く、とてもよい仕上がりです。
ドレミのみんなには、本当にいい記念になりましたね!

あっ、そうそう、
娘も、ちゃっかり、記事に登場しています。

http://www.gariver.co.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。