広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
子育て関連というわけでもないですが、ヴァイオリン奏者、五嶋みどりと五嶋龍の2人を育てた、五嶋節さんの本を読みました。

本には、言葉の力だけで説得力があるものと、作者の背景を踏まえてはじめて説得力が出てくるものがあると思いますが、この本は後者の本でしょう。
あの「みどり」と「龍」を育てた母親ゆえに、説得力を持つ本。

また、我が子の才能を伸ばしたいと考える世の親たちがすぐ応用できるような、マニュアル的な本ではないです。

そういう意味では、『「天才」の育て方』という題名は看板に偽りありですが、五嶋さんいわく、これは編集者がつけたものだそうです。だから、五嶋さんに責任はないのですが、これから本書を手に取ろうとする人は、五嶋さんの子育て思想がごくごく一般論として語られているということに留意しておいた方がよいかもしれません。

「天才」の育て方 (講談社現代新書 1890) 「天才」の育て方 (講談社現代新書 1890)
五嶋 節 (2007/05/18)
講談社

この商品の詳細を見る


最近にありがちな、口述筆記をしたような感じ。講演のようで、読みやすいです。
あっという間に読了してしまうでしょう。

いろいろ文句を言っているように見えるかもしれませんが、心にのこる部分もありましたよ。
しつけで手が出てしまうということについて、熱いものを触りそうになったら、ピシッとやるでしょう・・・と、とても語り口が明快です。
そうした歯切れのよい言葉が並ぶのがこの本の特徴でしょう。

五嶋節さんと、みどり、龍との記録を読みたいなら、次の2冊がおすすめです。

これはおもしろかったなぁ・・・。

母と神童―五嶋節物語 (小学館文庫)母と神童―五嶋節物語 (小学館文庫)
(2001/09)
奥田 昭則

商品詳細を見る


これも、おもしろかったなぁ・・・。

絶対音感 (新潮文庫)絶対音感 (新潮文庫)
(2006/04)
最相 葉月

商品詳細を見る


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。