広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今年の1月に出た、この本。今日、2度目を読み終わりました。

著者の齋藤孝さんは、150万部も売れた「声に出したい日本語」やNHKテレビ「にほんごであそぼ」でも有名。
今年になっても、怒涛のように(いったい何冊出版するつもりなのか?)本を出しています。

教育力 (岩波新書 新赤版 1058) 教育力 (岩波新書 新赤版 1058)
齋藤 孝 (2007/01)
岩波書店

この商品の詳細を見る


齋藤さんの本は、昔読んで、合わないなと思って以来、ずっと遠ざけていましたが、この本は割りに良かったと思います。教師を続けてきた人には共感できるところがいっぱいのはず・・・。少なくとも僕はそうでした。

著者は、「あこがれにあこがれる関係作り」が自分の教育原理であると言います。教師自身の知識へのあこがれを、生徒にも共感させ、あこがれの気持ちを引き起こせたら、それこそ、教育が成功したといえるでしょう。
当たり前ですが、教育効果が一番上がるのは、自分から「学ぼう」という気持ちを起こさせることです。

そのためには何が必要か。例えば、教師自身が情熱をもつこと、研究に打ち込むことなどが語られます。確かに、何かを伝えようという情熱がないと教師という仕事は勤まらないでしょう。

僕自身も、齋藤さんと同じように、教育は効果ではかられるべきであって、その労力とか時間ではかられるものではないと常々考えてきました。全然、授業せず、遊んでいたとしても、その授業がとてもインパクトの強いものだったり、記憶に残るものだったり、生徒にその科目に対する継続的な興味を引き起すものであれば、それは授業として成功したと言ってもいいのではないか。大いに共感するところがありました。

例えば、僕自身の経験でも、昔はすべてを、手取り足取り、生徒に教えようとしていました。そして、生徒が思い通りにならないことにたえず苛立ちを感じていました。
でも、最近は、余裕が出てきて、生徒に任せるようになりました。むしろ、自分がするのは、生徒が勉強したいと思う環境づくり、モチベーションづくりです。

でも、不思議とその方が生徒の成績が上がるのですね・・・。こちらの
労力が減って、生徒が自分で勉強してくれるようになる。自分でも「省エネ」教育法と呼んでいました。

その他に取り上げられている事例も、僕の実践にとても近いものでした。

例えば、生徒に「採点者」の立場に立たせたり、生徒を教壇に立たせたり、これは、僕が普段の授業で実践していることです。いろんな立場からものを見ることはとても重要です。視点の複数性を意識すること、自分を客観化することにつながります。

あと、考えが似ているなと思ったのは、授業を「祝祭空間」と捉えていること。教師は舞台に立った俳優、生徒は観客です。そう考えると、授業は舞台空間にとても似ています。
教師には俳優同様、40人を相手にするコミュニケーション能力が必要になってきます。僕は今、大学で、そういうコミュニケーション能力を養成することを目標に、授業をしています。その授業の中では、教師=俳優、生徒=観客という枠組みも解体されて、みんなが俳優という立場で授業に参加します。

あららら・・・。途中から、考えが変な方向に行ってしまいましたね。

それはともかく、この本には、教師として教育方法を試行錯誤してきた人にはよく分かる記述があふれています。著者は、当たり前のことを言っているように見えますが、案外、それが実践できていない教師の多いことか・・・。

途中から、講演のように、話したい話題を話すという展開で、本としての簡潔さに欠けると感じる人もいるかもしれません。が、全体として読みやすく、教育の難しさを日々実感している人にはぜひ読んでもらいたい本です。僕も、大学の生徒にこの本を読んでレポートでも書かせようかな、なんて考えています。


スポンサーサイト
久しぶりのリトミックレポート。

今日は、いかにも、スーらしいリトミックで、何だか爽快。内容も、盛りだくさんで、1時間ほどやっていました。お兄ちゃん、お姉ちゃんたちが秋休みで参加してくれたせいもあって、大変にぎやかな様子でした。

そうそう・・・、我が子も途中、大きな奇声を発しながらも、楽しんでいました・・・。本当に驚くべき0歳児です!

スーらしいと思ったのは、果物カードのかくれんぼから始まって、本当のかくれんぼ、変身かくれんぼと、かくれんぼが進化していったあたりです。

果物カードのかくれんぼは、最初はこういう風に始まります。
「バナナ」は黄色いカードの下に隠れて、「りんご」は赤いカードの下に隠れて、「ぶどう」は青いカードの仕方に隠れます。

「果物さんたち、ど?こだ?」

2才児でも果物とカードの色が対応しているために、すぐ見つけることができます。みんな、すごい!!

次に果物カードは自らとは違う色のカードに隠れます。「バナナ」は赤いカードに、「りんご」は青いカードに・・・。
こうなると、ある一定年齢以下の子どもは間違えてしまうのです。

でも、今日は大丈夫。

秋休みで参加の、お兄さん、お姉さんの導きで、無事正解に到達。みんな見つけることができました。
こういうゲームはあまり混乱させすぎない程度に、やるのが肝心です。

その後、本当のかくれんぼ、
石や木、サルの振りをして鬼をごまかす、変身かくれんぼへと展開していきました。

2?3歳児が中心のクラスですが、活動の随所に、クリエイティブドラマの要素が加わってきました。みんな、イメージの世界で遊ぶのが上手になってきました。

活動の後半では、布をみんなで洗濯して、干すという活動がありましたが、風でも飛ばされない洗濯物がアーティスティックに見えました(今度写真に撮っておきたいと思います)。

つきよのおんがくかい (日本傑作絵本シリーズ)つきよのおんがくかい (日本傑作絵本シリーズ)
(1999/02)
山下 洋輔秦 好史郎

商品詳細を見る

これでもかとネタを詰め込んだ最後の仕上げに絵本の読み聞かせ。キーボードの音色を駆使して、ベース、ドラムス、ピアノ、サックスを演じ分けます。
最後の、こうちゃんの「カンカンカカーン」で月夜の音楽会が無事終わります。

月夜の音楽会では、スーはトランス風のリズムパターンを使用していました。その結果、いつもの「きのこ体操」がトランス風になってしまいました。
トランス風のリズムに合わせて踊る2?3歳児。とても、新鮮でした。

前田優継先生の第2回ラテンパーカッションの講座が無事終了しました。

今回は、僕は我が子を連れて、コーディネーターとして参加。ワークショップの間、我が子を抱っこしつつ、ビデオカメラを回しておりました。(2時間抱っこは、さすがに腰に疲れが来ました。)

参加者は、小学校の先生を含め、音楽を使って何かを教えている方がほとんど。それを汲み取って、教える、指導するということに重点を置いた内容だったと思います。

前回の実践中心の内容ではなく、質疑応答をまじえた、言葉によるコミュニケーション中心の内容。

マラカスの振り方についての指導も、マラカスをおたまに例え、米をそこから飛ばしてしまわないようにと、イメージを交えて、前回以上に丁寧に行われていきました。

授業で打楽器の扱いに苦労されている、小学校の先生方にはとても身近に感じられる内容だったようです。学校の教材を持ち寄って、それの生かし方についてのアドバイスが欲しいなど、今後の活動につながる提案も出ました。

ただ、一般の参加者には対象が絞られすぎ、学校の先生向けという意味で、やや専門的過ぎたかもしれません。それは次回への反省点としたいと思います。

それはそうと、前田先生から宿題が出ました。
次回までに、しっかり練習しておきましょうね・・・(^_^;)。

先日、池谷裕二さんの本を紹介しましたが、それよりも前に読んで面白いと思ったのがこの本。
今日、本屋に立ち寄ったら、20万部突破と書かれてました。

にもかかわらず、授業をしている高専の生徒で読んだ者は皆無。本くらいはちょっと読んでよ!、と文句の一つくらいも言いたくはなります。

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
(2007/05/18)
福岡 伸一

商品詳細を見る


この本の要点は、?科学者の実態についての考察と、?生物と無生物の境界についての考察、の2本立てですが、解説書には珍しく、自分の私情を交えた、詩的(=私的)な文体で読者をグイグイ引き込んでいくのが魅力でしょう。

いろんな点で批判されることも多い本書ですが(ワトソンの本の二番煎じであるとか、誤解を生みやすい記述が含まれるとか・・・)、読んでみて損はない、多くの人に薦められる本です。
文章を書いた経験がある方なら分かるでしょうが、著者の文章の構成力は、なかなかのものです。学術書でありながら、良質のミステリーを読んでいるような印象を持ちました。

読んでいる本は、最近、理系のものが多いようですね・・・。
前田優継先生のワークショップ、第2弾、開催決定!!

前田先生のラテンパーカッションの講座、皆さんの好評におこたえして、第2弾の開催が決定しました。第2弾は、第1弾の内容を踏まえて、少し、ラテンのリズムの応用にまで、踏み込む予定ですが、1回目に参加されていない方も、心配はご無用。前田先生には、しっかり、前回の簡単な復習もお願いしております(^_^)v。みんなでラテンのリズムを楽しみましょう!!

前田先生の厳しさとユーモアのあふれるトークで、きっといい時間を過ごせることと思います。

前田先生、前回のワークショップで、「マラカスをすぐにでも買いに走ることでしょう・・・・」とおっしゃっていましたが、この度のワークショップでは、できるだけ「MY 楽器」を用意しておいて欲しいとのこと。自分の楽器がある方が、ワークショップで学んだことをすぐに復習できますし、毎日継続的に練習することもできます。もちろん、用意できない方には、こちらで用意する予定ですが、できるだけ、ご持参、よろしくお願いします。

ラテンパーカッションを楽しもう!!

聴いただけでも楽しくなるラテンのリズム。思わず体が動いてしまうラテンのリズム。ラテンのリズムの仕組みを、理論的にも、実践的にも、体得できる前田先生のワークショップです。皆さんの声にこたえて、開催する運びとなりました。

マラカス、タンバリンといった身近な楽器の使い方についての解説は、本当に目からウロコ。いろんな楽器をよく扱う、小学校の音楽の先生、ピアノ教師の方、リトミックの指導者の方、パーカッション愛好家の方には、次の日からでも使えるヒントが盛りだくさん。
皆さんふるってご参加ください!!

  日時: 2007年10月14日(日)午前10時?12時
  会場: 広島市 中央公民館 視聴覚室(広島市中区西白島町24番36号) 地図
  参加費: 1000円
  用意するもの:マラカスなどパーカッション系の楽器
         (こちらで用意する予定ですが、数に限りがあります。)

前田先生講師
  前田優継先生

長年、音楽講師として、数々の専門家を指導してきた前田先生。また、音楽プロデューサーとして、世界各地を取材。幅広い知識で、世界のリズムについて、実演しながらのレッスンはとても分かりやすく、定評があります。l




 申込方法: 活動日までに、お電話かFAX、メールでお申込ください。
     (お名前と参加人数、連絡先をお伝えください。)
     主催:音あそび探検隊ポルテ企画

     申し込みはこちらから

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。