広島でリトミック おとみみ ブログ

リトミック、リトリト、リトミックパーティー、ピアノ、音楽療法

「スーのわくわくリトミック」 ご案内

リトリト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんな記事が出てました。
西広島タイムスの配布される地域でないので、現物は見れませんが、誰か観た方いらっしゃいますか。

世界の太鼓に驚き リズム刻み楽しむ

スポンサーサイト
広島市佐伯区にある藤の木公民館というところに今日出かけてきました。今日は、ドラマーの上野友敬さんと一緒に、ドラムサークルのファシリテーター(!)をつとめることになったのです。

子ども23名、大人5名の参加だったのですが、その内、未就学児(6歳以下)の子どもが5人もいました。
小学校1年生、2年生も合わせて9人。
本当に、小さな子ども達中心のドラムサークルです。

「でこぼこたいそう」やイス取りゲームでみんなの気持ちをほぐした後で、上野さんのファシリテートによるドラムサークルがスタート。最初から、なかなかまとまりのあるサウンドが出て、ビックリしました!

今回のワークショップでは、みんなで曲を作ったり、ブームワッカー(ドレミパイプ)をつかって心地よいサウンドを奏でたり、いろんなことをしました。

image111.jpg

やってる方は、あっという間の1時間50分。とにかく盛りだくさんな内容だったので、疲れてしまった子ども達もいたと思いますが、何人かの子ども達はとてもいい笑顔で「さよなら??」とあいさつして帰っていきました。
機会があれば、またやってみたいです。もっともっといろんなことができそうです。

活動終了後は、五月ヶ丘にある有名な中華料理店、竹琳にて食事。
ラーメンを美味しそうに食べ、デザートの杏仁豆腐をぺろりと平らげた娘でした(ワークショップ中も実はずっと横にいて遊んでいたのでした)。

ドラムサークルに興味ある方はこちらから
広島ドラムサークル
明日の11月30日(日)午後2時から中央公民館で開催されます。


ドラムパラダイス暑い熱い、1日が終わりました。
日曜日に、東区民文化センター中庭のオープンシアターで「ドラムパラダイス」というイベントがありました。ドラマーの上野友敬さんが、「広島ドラムサークル」という団体をこの4月に立ち上げ、そのグループでの初のライブコンサート。

しかも、初ライブにして、初野外!

暑い1日でしたが、雲も少しかかり、過ごしやすい天候でのコンサートでした。
観客の人も交えての、総勢90人!のサウンドが夏の空に響き渡りました。

ドラムパラダイス2今回のイベントに参加して、やはり、少し感慨に近いものがありました。
というのも、ドラマーの上野さんが「ドラムサークル」という活動に出会い、そして、「広島ドラムサークル」という団体を立ち上げるのを傍らでずっと僕は見てきたからです。そして、それがこうして、一つのライブコンサートに結実したのです。

それは、長い道のりでした。

最初は、「ドラムサークルって何?」というところから始まりました。

僕の持っていたペッカーさんの本を見て、何となく、「ドラムサークル」の活動をあれこれ想像してみることからはじめました。
見たことがないのですから、どうやってやればいいのか分かりません。

ドラムパラダイス2そして、「おとみみ」のワークショップの企画を立ち上げる頃(2年前のことですが・・・)、徐々に、ドラムサークルについての研究を本格化させていきました。その中で、クリスティーン・スティーヴンスのDVDの映像に出会いました。

あれは、本当に衝撃的でしたね、上野さん。

「おとみみ」でのドラムサークルの実践。
アフリカニホンバンド with おとみみとしてコンサートを経験。
少しずつ実践を積んでいきました。

で、その後、上野さんとドラムサークルの父アーサー・ハルとの出会い。
アーサーとの出会いによって、上野さんのドラムサークルのファシリテーターとしての意識が変化したように感じられました。

まだまだ、ドラムサークルは発展の余地がある活動ですが、今回の「ドラムパラダイス」によって、一つのステージをクリアした感がありました。

上野さん、お疲れ様でした。

「広島ドラムサークル」としての活動はまだ始まったばかりです。これからも、タイコ好きの人が集まる場になれば・・・と思います。そして、パワーアップして、またこの東区民文化センターのステージに上ががれれば、うれしいですね。

皆さんよろしくお願いします。

しゃもじドラムサークルの告知です。
次回は、9月28日(日)です。
場所は、広島市中央公民館(ホール)
時間は14時から15時30分になります。
問い合わせは、上野さん「広島ドラムサークル」まで。

080727ドラムサークル今日、7月27日(日)は前々から、山場だと思っていた日。

午前中に、ドラムサークルの練習に参加し、午後からは、リトリトの第4回目の開催。

朝から天気が良く、本当に暑い、暑い一日。すでに夏ばて気味の僕には、追い討ちをかけるような暑さでした。

今日のドラムサークルは特別な日。

8月3日に東区民センターの中庭で「ドラムパラダイス」というイベントがあるのですが、そのイベントに向けての最後の練習。当日は、参加者40名の大迫力サウンドが鳴り響くはずですが、となると、打楽器も40人分ということになるわけで・・・。

文字通り、娘を抱えて、荷物運搬の手伝いをしましたが、果たしてお役に立てたかどうか、上野さん、弟子のA君、リエちゃんの連携でスムーズに準備も進みました。

今日は本番を想定して、円形にならずに、客席を向いてのドラムサークルでした。

やはり40人のサウンドは大迫力です。上野さんがファシリテートしながら、リズムに刺激を与え、変化させていきます。

080727ドラムサークル2娘も、最後列で、こっそりフルーツのシェイカーで参加。リズムに乗っておりました。(^^♪
またもや、リズムの波にのまれて、途中から熟睡モードで、スヤスヤと・・・^_^;。

今回のゲストプレイヤー、ヘクトールさんが、途中ノリノリで叩いていたのが気持ちよかったです。ヘクトールさんのジャンベでドラムサークル全体へリズムの刺激が加わり、リズムが少しずつ動いていく感じがありました。

本番ではもっともっとみんなの音を聴きながら、それに反応して叩けたら、と思っています。

日曜日の夕方のイベント。みなさん、ぜひお越しくださいね。
そして、一緒にリズムの波を起こしましょうね!!



先日、広島ドラムサークルの代表である上野さんと僕、そして  で、ある施設での音楽療法のセッションを行ってまいりました。

「音楽療法」というと何だか大げさですが、この施設に入所している方と、音楽を通して、コミュニケーションするというのが今回の目的です。

今回は、上野さんにプログラムをお願いして、僕はサポートとして、このセッションに参加しました。

一言で言うと、「音楽療法としてのドラムサークル」です。

上野さんも、この施設でドラムの演奏をされたことはあったのですが、ドラムサークルをするというのははじめてです。果たしてうまくいくか、上野さんは少し心配していたようですが、問題なく、みんなでリズムの輪を作ることができました。

「ストップ!」

みんなでリズムをストップする瞬間は、拍手をしたい気持ちになりました。みんながリズムを聴いている証拠です。
みんなで思いのまま、タイコをたたいたり、楽器を鳴らしたりしました。

いろんな楽器を使って、違った音色を楽しめたら、もっと良かったのですが、今回は時間もなく、次回に持ち越しということになりました。

ドラムサークルにしろ、リトミックにしろ、音楽療法の道具としては、とても効果的に機能すると僕は考えています。どちらも、みんながすぐ入っていけるハードルの低さです。
特にリトミックは0才の子どもでも分かるのですから。

ところで、娘は、ドラムのリズムの心地よさで、途中から、睡魔におそわれたようです。
参加者の笑みを誘う、ほほえましい寝顔を見せていました。(*^_^*)

ドラムサークル061502以前お知らせしたように、ドラマーの上野さん主催で、
ドラムパラダイスが始まりました。

このイベントはドラムサークルの手法を使って、みんなで楽しくタイコを叩いて、アンサンブルするというもの。
本番の8月3日のステージに向けて、2回集まって練習する?(←「練習」という表現は適切ではないのですが^_^;・・・)ということになってます。

「2回集まるだけで大丈夫?」


という声が聞こえてきそうですが、ドラムサークルのよさは、初めて出会った人たちが何の打ち合わせをしなくても、一つのアンサンブルを作り上げることができるということ。

今日は、30人の参加者が初心者も、経験者も、関係なく、タイコを叩きました。
みんな初めて出会った人たちです。事前に、何の打ち合わせもありませんでした。

何の打ち合わせがなくても、みんなでアンサンブルをすることができる。これがドラムサークルのよいところです。

ファシリテーターの上野さんがおっしゃるには、

「今日は、ファシリテートしなくても、リズムがグルーブして、気持ちよいサウンドだった」と。

広島ドラムサークル始まって以来の分厚いサウンドが響き渡りました。とても心地よい汗をかくことができました。

ドラムサークル0615スペシャルゲストは、アフリカのコンゴ出身ヘクトールさん。やはり、ヘクトールさんが入るだけで、リズムがひきしまります。


そして、島根から、ドラムサークルしまねのMさんが駆けつけてくれました。
途中、上野さんとファシリテーターを交代。上野さんとはまた違うファシリテートでみんなを盛り立ててくれました。

最後はみなさん、とても大きな音で盛り上がりましたね!

建物全体が揺れてるんじゃないかという、大きな音のうねりでした。

娘と一緒に参加した僕も楽しかったです。

次回は、参加者同士でもっと仲良くなって、目と目でアイコンタクトしながら、タイコでコミュニケートできたら・・・と思ってます。
いよいよ8月3日の本番が楽しみになってきました。

今日は、タイコのニュース。

06052105.jpg


「リトリト」、「おとみみ」でお世話になっているドラマーの上野友敬さんが楽しいイベントを企画しています。
名づけて

ドラムパラダイス

夏の夕暮れ、みんなで楽しくパーカッションをたたこうという楽しい企画です。
そのための舞台がまたスゴイ。
東区民文化センターの中庭で、開放的な場所です。

僕も他の団体が、そのオープンスーペースを使って、コンサートをしているのを聴いたことがあるんですが、中庭の吹き抜け空間の上に音がのぼっていくのがなかなか心地よい場所なんです。

東区民文化センターとの共催事業なので、一般のお客さんも見に来られるイベントです。
お客さんの前で、タイコをたたいてみたいという方は、上野さんまでご連絡ください。

連絡先は、ドラムパラダイスに掲載されています。

強力なパーカッション奏者がバックアップしてくれるのも頼もしいです。

今回は、アフリカのコンゴ出身、ヘクトール・マディムさんが登場します。

楽しみです!!

「ヘクトールさんって誰?」という方は、、アフリカニホンバンドのホームページをご覧になってくださいね!!

僕のジャンベ(ジェンベ)の師匠です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。